2009年03月22日

『おくりびと』

この前のレディースディにやっと見てきました。
賞を取る前の、公開前から割と話題にはなっていたと思うんですけど、
時間が無くて見逃してました。
でも、アンコール上映してくれたお陰で劇場で見れました手(チョキ)

『おくりびと』
監督:滝田洋二郎
脚本:小山薫堂
音楽:久石譲
出演:本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努


あらすじ(他から拝借)
所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め、妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だった。戸惑いながらも社長の佐々木に指導を受け、新人納棺師として働き始める大悟だったが、美香には冠婚葬祭関係の仕事に就いたとしか告げられずにいた。


こういう映画はやっぱり泣いてしまう。
それが狙いと分かっていても泣けてしまう。
ちょっとしたセリフとか、ちょっとした場面で泣けてしまうもうやだ〜(悲しい顔)
賞を取ったから言う訳ではないけど、良く出来た作品だと思う。
それは、
日本の文化を象徴しているような物語だから。
海外でたくさん上映されるといいなぁ〜ぴかぴか(新しい)って思う。
日本のこと、日本人の心や日本人の様式美みたいな部分が分かってもらえると思うから。
そういう意味では『千と千尋の神隠し』と同じ世界かもしれない。

それとは別に、
親子の感情とか、夫婦の感情とか、世間体とか、また孤独な人達の生きる姿とか、日常生活の慣れとか、そういったものが描かれていて、
いろんな部分に共感したり、感動したり、それゆえに笑ってしまったり泣いてしまったりしました。

俳優で言うと、モックンはとにかく綺麗でした揺れるハート
ひらめき綺麗に映さなあかんかったのでしょう。
それにしても、モックンのお顔も綺麗だけれど所作が綺麗でした。

ほんとは山崎さんの所作をもうちょい見たかったけどねぇ。
そうじゃないと、余さんのセリフ
「あの人のは違うのよ…」
が生きてこないので。
ちょっと少なかった気がしましたふらふら
それと、笹野さんのセリフで、
人間って死が近づくと分かるものなのかなぁ〜
と思ってみたりして。

邦画だしね〜
DVDでもいいかなぁ〜とも思ったんですけど。
逆に邦画だしね〜
邦画祭が続いてる私としては劇場で見ようと思い直しましたわーい(嬉しい顔)

一度は見てもいいんじゃないかなグッド(上向き矢印)
ちょっと人(親とか家族)に優しくしようと思う、かもかわいい

posted by AS at 23:22| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。