2009年03月28日

『ブレイブ・ストーリー』

動けなかった時に借りた本達。
後でね、
記事書きます。

ずいぶん遅くなってしまつた。。。

『ブレイブ・ストーリー』上下巻
著者:宮部みゆき
発行所:角川書店
定価:1890円

あまりの分厚さに手に取るのが億劫になっていた本です。
だから、アニメだけど映画で済まそうかなぁ目
とも思っていましたが、時間がたっぷりある今しか読めないexclamation×2
と思い直して読んだのでした。

宮部みゆきの本はそんなに読んでない。
この人の凄さは他の作家とは視点が違うしアンテナがさまざまなところに張り巡らせているってとこでしょうか。

この作品の主人公は本当にどこにでもいるちっぽけな少年犬
だけど一つのきっかけモバQから大冒険をすることになってしまう。
成長していく過程がどんどん読者をひきつける。
あんなに分厚い本なのに、あっという間に読んでしまった。

ちょうどそんな時、CDレンタル半額クーポンがexclamation×2
で、DVDも借りて見てしまった〜グッド(上向き矢印)

あぁ〜ちょっと残念、
やっぱり映画やアニメは原作を超えることは出来ないのかバッド(下向き矢印)
原作通りに作って欲しかった失恋
何故なら、幻界(ビジョン)で父親と愛人に似た人物と会い、その時の感情との戦いが描かれていないと、この物語の核になる部分が弱いから。
他にもカットしないで欲しい部分がいっぱいあった。
幽霊が出るというビルで少女と会うところとか。
ミツルとの最初の出会いとか。
ワタルの叔父さんとか。
ドラゴンを助けて鱗をもらうとか…etc、
全てカットしないで欲しかった〜ふらふら
実写でも『20世紀少年』とか原作通り(と言われている)に作られている作品が多いけど、『ブレイブ・ストーリー』こそ2部作でも3部作でもいいから原作通りにアニメ化して欲しかったと思います。


これは私があまり読まない部類でファンタジーだったけど
すごく面白かったハートたち(複数ハート)

posted by AS at 11:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。