2009年03月28日

『長い長い殺人』

これも動けない間に読んだ本。
なんかどれもこれも当たりやった〜o(^-^)o

『長い長い殺人』
著者:宮部みゆき
発行所:光文社
定価:620円


これはねぇ〜いきなり財布が語りだすんです。
だから、財布の視点ってことです。
で、この物語に出てくる人達も
どこにでもいるような刑事さんとか〜眼鏡
どこにでもいるような仮面夫婦の奥さんとか〜ムード
どこにでもいるような小学生とか〜くつ
なんですよね。

宮部みゆきって観察力とか洞察力が凄いんだと思うひらめき

で、この作品も何故かレンタル屋で見つけてしまった〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
えーーーーーーーっ
ドラマ化されてたのかよexclamation&question
って驚いてたら、ウチでは見れない衛星だけのドラマだったよう。
そして、やっぱり原作は超えられなかった…と言うか端折っていた。
こっちの作品の端折りはまだ納得出来た…かな。
バスガイドと仲良くなるのが原作では刑事で、ドラマでは犯人、と言うのにはビックリしたけどねあせあせ(飛び散る汗)

うん、映画化とかドラマ化した作品は、そっちを見てから原作読んだ方が面白いんじゃないかな〜猫
ここんとこ、原作読んでから映像を見ているパターンなんだよね。

谷原さんの口の上手い目立ちたがり屋の不倫男はピッタリだった〜わーい(嬉しい顔)
あの人、一時期ドラマでは振られる役ばかりだったけど、
こっちの不倫系の方が似合ってると思うな決定
口説き上手そうやもんー(長音記号2)
posted by AS at 11:01| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっしゃるように、これ「当たり」ですね。
Posted by west32@長い長い殺人 at 2009年04月01日 21:26
westさん、まだ私、記事途中なのにコメント頂いちゃって…
しかもコメント返しも遅くなり、どうもすみません。
ほんと「当たり」でした♪
Posted by AS at 2009年04月07日 09:48
こんばんは。
トラックバックさせていただきました。
ユニークで面白かったですね。

トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2009年05月06日 04:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116337305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

長い長い殺人 宮部みゆき
Excerpt: 刑事の財布、強請屋の財布、死者の財布から犯人の財布まで、 10個の財布が物語る持ち主の行動、現金の動きが、重大事件をあぶりだす! ...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-05-06 03:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。