2009年05月09日

『バーン・アフター・リーディング』

どうやらもう1本見ていたんだけど忘れていたようです。
記事に追加しておこう。
感想はまた後程。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

『バーン・アフター・リーディング』

監督・製作・脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
出演:ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン


あらすじ(他から拝借)
CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャドとリンダ。チャドはそれを利用して一攫千金を狙う大胆な計画を思いつく。そのころ、元CIA諜報員のオズボーンは、機密情報の紛失にうろたえていた。一方、オズボーンの妻ケイティは、財務省連邦保安官ハリーと不倫中で…。

こちらもまだ公開中ってことでネタバレしないようにしなくては。

どうもいかんあせあせ(飛び散る汗)
こういう作品は好き嫌いが分かれると思うけど、
ブラックユーモアって、その国の文化の違いとかもあって、
笑えない部分が大いにあるよね。
どうもいかんあせあせ(飛び散る汗)
と思うのは、ブラット・ピットが可愛すぎるのであります揺れるハート
もう、それだけでこの映画がつまんないことを許しちゃおうって思ってしまう私がいますわーい(嬉しい顔)

あらすじには、チャド(ブラピ)が一攫千金を狙って計画を立てる…とありますが、実際には主人公の我儘なリンダのせいでどんでもないことに巻き込まれるって感じです。

先にも書きましたがこの作品は、
スペードブラックユーモアスペード
なんですよね…たぶんたらーっ(汗)
なんだけど、クスクスっと笑えないんだな〜
リンダが自分本位で我儘なところなんかは、
張り倒したろか!パンチ
と思っちゃうし〜
ハリーの発明も、
そんなことで妻が喜ぶと思ってんのかよ!パンチ
と思っちゃうし〜
オズボーンの突発的な退職には
明日からのこと考えろよ!パンチ
と思っちゃうし〜

この辺は全てアメリカ的な考え方が私の中に無いからで、
ハリウッドでは大うけなのかなぁ〜目

もしかすると、
私はコーエン兄弟監督作品を面白いと感じないのかもしれませんふらふら

シュールな笑いを求める方にオススメでするんるん
posted by AS at 23:13| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118992680
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

映画「バーン・アフター・リーディング」
Excerpt: 原題:Burn After Reading 直訳なら読書の後に火傷を負う、それもただの火傷じゃなくて、そして誰もいなくなったというぐらいの大火傷、コメディだけどさすがにコーエン兄弟かな・・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2009-05-12 00:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。