2007年12月23日

キャンドル礼拝

12月22日(土)17:00〜18:30 茨木教会でキャンドル礼拝がありました。

第1部 キャンドル礼拝
    田邊牧師によるクリスマスメッセージ

通常の説教とは一味も二味も違った、牧師先生の一人芝居も含むお話でしたので、子供達や初めて来られた方にも、聖書の話が分かりやすかったのではないでしょうか。

第2部 クリスマスページェント
    教会学校(幼児科、小学科、教師)、聖歌隊
<イエス様のお誕生>

教会学校の生徒達が、マリア役やヨセフ役になってお芝居をしてくれました。子供達の一生懸命な姿と共に、物語が伝わってきました。

ここで歌われた、賛美歌を一つ紹介します。
こども賛美歌(66番)おとまりください

1 おとまりください、ヨセフさん。
  おやすみください、マリアさん。
  きれいなおへやじゃないけれど、
  神さまが守っておられます。

2 世界のみんなが 待っていた
  おさなごイエスさま 生まれます。
  星の光った冬の夜、
  ユダヤの小さな馬小屋で。


教会に通うまでは、私は何も知らなかったんですたらーっ(汗)
イエス様が馬小屋で生まれたことも、みんなが待っていた救い主がイエス様だったことも。
そして、私達は神様から守られていることも・・・。

キャンドル礼拝が終わり、雨雨の中でしたが、教会に来られない方の家に賛美歌を歌いに行って来ましたるんるん
このキャロリングに私の喉は間に合ってくれました。
あんなに咳がひどかったけど、雨の中でも歌えるようになっていました。
私の声は小さな歌声でしたが参加させてもらえて嬉しかったです黒ハート

これからも自分の出来ることを続けていけますように。
posted by AS at 18:39| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウチの学校では、聖劇は毎年高2生徒がやると決まっておりまして、私達の学年には、後に宝塚の男役&娘役になる生徒がいたため、非常に便利だったことを思い出します(笑)。

カトリックのクリスマスは
“待降節”
として4週間前から地味〜に始まって行くんで、未だに街の華やいだ雰囲気には馴染めない私がいます。

何はともあれ、
楽しいX'masをお過ごしくださいね♪

(^-^)/


Posted by めい at 2007年12月24日 10:12
「便利だった」ってぇ言うのは宝塚に受かる為に利用できたから?
じゃないわな〜
うーんと、率先して役を演じたい人がいたから自分は出なくてすんだから?
でもないわな〜
その考えじゃ〜私やん!
教会学校の生徒がするより高校生がした方が説得力はありますよね。

めいさんも同じ時を愛に包まれて過ごせますように(*^.^*)
Posted by AS at 2007年12月24日 14:21
あはははっ。
ごめんなさい。言葉が足りなかったですね。

私達の学年には、宝塚音楽学校などを目指して、日頃からレッスンを受けている子が少なくなかったため、先生方によると、大役や歌ソロなど安心して任せられたんだそうです。
ま、私は小〜高校まで、宗教行事といえばオルガン弾きとナレーターでしたけどっ。
(;^_^A

Posted by めい at 2007年12月25日 00:44
おお〜そういうことでしたか。
小〜高校までオルガン弾きとナレーターって…私の憧れをずっと続けておられたのですねぇo(^-^)o
どうりで…私がめいさんを尊敬するのはそんなところもなんですよね。
Posted by AS at 2007年12月25日 21:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。