2008年02月28日

身を知る

家庭の事情で、今週から弟家族の家事を分担して手伝いに来ています。

甥っ子達は、とても元気で寒さなんてぜんぜん気にしていない様子わーい(嬉しい顔)

人のおうちに住んでみると、訪問するよりも、もっともっと良さが分かって
「自分の家にもなんとか取り入れられないかなぁ目
と思うことがしばしばあります。

本当はこの時期(3月中まで)に、もう一度常藤さんのお宅訪問を予定していたのだけれど、訪問は私達の都合で時間的に無理そうなのですが、弟のお嫁ちゃんの収納術をしっかりと目と心に焼き付けて、自宅でも工夫してみようと思うのです。

さて、その工夫とは・・・

@ 台所のゴミ箱が、邪魔にならないように収納ボックス(?)の棚の中に決められている。

当たり前のことなんだけど、床に置くと、その分狭くなってしまいますよねふらふら
それに見た目も肝心! これを何とか取り入れたいexclamation×2
 
A 食器ふきんや、台ふきん、タッパー等、必要最小限の数しかない。

うちの家では、食器ふきんが「これでもか!?」と言わんばかりに、一つの引き出しを占領していますし、タッパーに至っては一つどころか、いろんなところに収納してあるのです。
これを今一度見直して、必要な数だけにすれば、もっと片付くはずなのです。

B 牛乳の空き箱はガスレンジの裏で乾かしている。

これは「目から鱗ひらめき」でしたね〜
上手い具合に、ガスレンジの奥(裏?)の隙間へ空き箱を入れてまして、自然乾燥って訳ですグッド(上向き矢印)
うちでもなんとかスペース作りたいところです。

C 常備食も必要最低限の量しか置かないようにしている。

これも常藤さんの家を訪問した時にも思ったんですけど、あんまり余分な物が無いんですよ。
うちだと、常備食が3つも4つも、ひどいときにはせっかく母が作った佃煮がカビてるときもがく〜(落胆した顔)
食べ物を粗末にしないためにも、作るときは量を考えないとね。
それに、数が少ないほうが冷蔵庫の掃除も楽チンだしわーい(嬉しい顔)

うちの家は全体的に『身を知る』ことが大事なようですパンチ

こんな感じで、来週も弟家族と一緒に生活させていただきますが、主婦のお知恵拝借ってことで、どれだけ知っても、それを生かせないと意味が無いので、家に帰ってからが勝負です。

来週の掃除&収納の記事、進歩していますようにるんるん
posted by AS at 10:28| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 掃除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87499597
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。