2009年03月18日

『ヤッターマン』

このところちょいとバタバタしてたし、
題名だけでもメールで〜とか思っていたら、
思っているだけで、どうやら記事アップを忘れていたみたいです。
なので日付を細工しましたわーい(嬉しい顔)

まさかの実写をまさかの劇場で鑑賞グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
『ヤッターマン』

監督:三池崇史
原作:竜の子プロダクション
メカ&キャラクターデザインリファイン:寺田克也
出演:櫻井翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、阿部サダヲ、岡本杏理

あらすじ(他から拝借)
高田玩具店の1人息子のガンちゃんは、父親の開発途中のヤッターワンを完成させ、ガールフレンドの愛ちゃんと共にヤッターマン1号、2号としてドロンボー一味と戦っていた。ある日、考古学者の海江田博士の一人娘、翔子からドクロストーンを探しに行ったまま行方不明になっている博士を探し出して欲しいと頼まれる。ヤッターマンに変身したガンちゃんと愛ちゃんはヤッターワンを出動させ、一路、博士のいるオジプトへ向かう!


これは見に行った者の感想だから、
ファンのみなさん、怒んないでねぇ〜あせあせ(飛び散る汗)
(ごめんなさいバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
ネタバレは〜
あってもいいっしょ〜アニメと同じストーリーだからさっドコモポイント

これは一緒に行く人がいなかったら見てなかったでしょ〜わーい(嬉しい顔)
アニメの世界はおぼろげにしか覚えてなくて、
キャスティングを聞いたときには、
翔くん、生瀬さん、ケンコバはピッタリだわ〜るんるん
と思っていました。
話題になっていた深キョンに不安はありましたが興味もありました。
さて、想像していたよりどうだったかと言うと…
うーーーーんふらふら
やっぱ、アニメの方が良かった、
って感想、当たり前やんダッシュ(走り出すさま)
確かに、翔くん外見はいいんやけどねぇ
セリフにメリハリっちゅうのを出してほしい…
福田沙紀ちゃんも悪くはないんだけどねぇ
もうちょいカッコイイ雰囲気を出してほしい…
深キョンも頑張って痩せたんだけどねぇ
今で言う、エロかっこいいっていうのがドロンジョ様だと思うんだ。
だけど、エロでもなければかっこいいでも無いドロンジョ様だった。
とても残念。
深キョンは、ただただ可愛いだけの役がいいじゃないかしらexclamation&question

映画のストーリーはアニメ通り…だと思う。
そうそう、こんな最後だったわ〜
と、見ているうちに思い出したのでしたわーい(嬉しい顔)
実写の割にはエロくて、アニメだからエロく思ってなかったのかな〜って感じ。
ただ、始まり方が唐突だわ、戦いの場面から始まったからね。
なんじゃこりゃ〜台風
って思ったね。
それと、アニメだから「ありえへん」ってことも笑ってましたが、それが全部実写でも描かれちゃってるんで、笑うに笑えない部分もありましてたらーっ(汗)
そんなにアニメに忠実に作るべきだったのか?
と疑問に思ったりして。

あ、途中でアニメファンには嬉しいゲストも数人出ているので、
それは見ていて楽しかったでするんるん

娯楽ですから楽しんで見て来ましたexclamation×2
何も考えずに笑いましょ〜
だけどツッコミを入れつつ見れる映画です。
アニメの『ヤッターマン』ファンは見ない方がいいかも???
けど、ツッコミ入れたいなら見るといいでしょうグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)




posted by AS at 22:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

『チーム・バチスタの栄光』

お約束どおり、ビデオで見ました〜

『チーム・バチスタの栄光』
監督:中村義洋
出演:竹内結子 / 阿部寛 / 吉川晃司 / 池内博之 / 玉山鉄二 / 井川遥 / 田口浩正 / 田中直樹 / 佐野史郎 / 野際陽子 / 平泉成 / 國村隼

あらすじ〜(他から拝借)

成功率60%といわれる心臓手術「バチスタ手術」を26例連続成功させていた、東城大学付属病院の専門集団「チーム・バチスタ」。しかしその手術が3例連続で失敗するという事態が起きた。原因は果たして事故なのか? それとも故意の“殺人”なのか?? 心療内科医の田口は院長の命で手術失敗の内部調査を行うことに。聞き取り調査の結果彼女は単なる事故として調査を終了しようとするが、そこに厚生労働省の白鳥が現れ……。


こっちも良かったですexclamation
しかし〜
やっぱ、グッチーはなぁ、
竹内結子だと冷たい感じ台風なんよね。
あーゆー患者さんの愚痴を聞く先生って
もっと穏やかクリスマスやと思うんよ。
ただ、阿部寛の傲慢な感じと竹内結子のオロオロしたコンビは良かったと思います。
あ、ドラマの方が良かったと思うのはそっちを先に見てしまったからでしょうね。
ドラマの物語はもうヒトヒネリー(長音記号2)ありましたしね。
役者的にはどっちも甲乙付けがたいメンバーでした。
うーーーん、
製作するならドラマと映画、どっちかだけで良かったかもふらふら
続編が上映されるんだから映画館で見たいけど、
さて、さて、見に行けるだろうか〜映画
見たいものがいっぱいありすぎるんだよねダッシュ(走り出すさま)
posted by AS at 22:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

『銭ゲバ』

こんばんは〜
どうも最近飲み過ぎのASです手(パー)
(親が田舎から梅酒を持って帰ってきたせいですたらーっ(汗)

久しぶりのテレビドラマの話。
今回はこの『銭ゲバ』しか最初から見てるドラマは無いんです。
理由はただ一つ、松ケンが主役やから黒ハート
これね〜
すごい怖いイメージだったんですよ。
いや、母も
「怖いのん見てるなぁ」
って言ってましたから。

昔のマンガらしいんですけど、設定を上手く現代に合わせたんでしょうねぇ
派遣や浮浪者の多さなどなど、
何も違和感ないですもん。
ただ、ちょっと
「あの食堂屋さんは客いないのにどうやって生活してんだ?」
とかはツッコミたくなりましたがわーい(嬉しい顔)

先週までは、風太郎がどんどん悪いことをしてお金持ちになっていくって話でしたから、ある程度予想していたんですけど。
今週は気のふれたお嬢様が、実は演技だったと分かったのです。
これは新展開exclamation×2
今後どうなるんでしょ〜
んでもって、風太郎の父。
こいつがワルでね〜
椎名桔平がやってるんですよね。
私ねぇ、この人がテレビ界に出てきたとき嫌いだったんですバッド(下向き矢印)
だけどあるドラマでリストラ直前の壁際族?を演じたときに、
「あ〜〜〜この人、こんな迫真の演技できる人なんやグッド(上向き矢印)
と見直してしまったんです。
だから、今回のワルも凄く期待していまして、期待以上のワルに仕上がってまして楽しいですハートたち(複数ハート)
このドラマ、松ケン、椎名桔平以外にも役者が揃っている〜
ミムラってこんなに堂々としたお嬢様役できるんだぁひらめきとかね。

さぁて、今後もこのドラマが楽しみでするんるん
風太郎の心を癒してくれるものが、お金以外に見つかるのかなぁ目

posted by AS at 02:47| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

☆テスト☆

携帯のアドレスを変えたけど〜
新しいアドレスから記事アップ出来るかのテストです。

またあとで確認して
修正します〜

<やっと更新>

ずっと放置状態で申し訳ありませんでした。
最近あることに執着していたので、そっちばかりに気がいったままでした。
こんなこと、私には珍しいんですけどねぇ〜
(カラオケですけど…アハハ)


では本題へ。

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

監督:デビッド・フィンチャー
脚本:エリック・ロス
出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン

あらすじ(他から拝借)
1920年代にF・スコット・フィッツジェラルドが執筆した、80代で生まれ、そこから若返っていくひとりの男の姿を描いた短編の映画化作品。普通の人々と同じく彼にも時の流れを止めることはできない。ニューオーリンズを舞台に、1918年の第一次世界大戦から21世紀に至るまでの、ベンジャミンの誰とも違う人生の旅路を描く。

ここ数ヶ月って言うか、昨年は邦画祭って感じでハリウッド映画から遠のいていたのですが久しぶりに良かったですぴかぴか(新しい)

これも公開したばかりなので、ネタばれしないように
書かなくてわあせあせ(飛び散る汗)

物語はありえない設定なのですが、それはそれで良し。
ベンジャミンの誕生を心待ちにしていた父親でしたが、あまりにも醜くて老人のような生態にお金持ちにもかかわらずたった26ドル(16ドルだったかな?)のはした金と一緒に赤ちゃんを捨ててしまう。
ここは人間としてあるまじき行為ではあるけれど、反対に誰にでも宿る人間の感情から出た行動でもあると言えます。
心優しい女性に拾われたベンジャミンは本当に幸せそうでした。
だんだん年数が立つごとに若返るベンジャミン。
その中で、一人の女性と出会う。
まさにかわいい運命の人かわいい
二人のすれ違いに切なくなる〜ふらふら
終盤、どんな形で終わるのかと思いきや〜
普通なんだけど、これこそがまさしくぴかぴか(新しい)無償の愛ぴかぴか(新しい)の形では。。。
と思いますね。
ここまで相手のことを思いやれたら最高にハッピー黒ハート
ボロボロ泣きましたわ、私。

ブラピの特殊メイクしていてもカッコイイところとか〜
ケイトのスラーっとしたスタイルの良さとか〜
二人のアンバランスな時代から、ちょうど良いバランスの時代まで
映像としてもいろいろ楽しめました〜グッド(上向き矢印)

これは是非にカップルで見に行って欲しいでするんるんるんるん
posted by AS at 21:28| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(5) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

『20世紀少年−第2章−最後の希望』

今年の映画、第一弾はどれになるだろう〜
と思っていたのだけれど、
邦画祭の幕開けとなってしまったわーい(嬉しい顔)

『20世紀少年−第2章−最後の希望』
監督:堤幸彦
原作・脚本・監修:浦沢直樹
出演:豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之、ユースケ・サンタマリア、藤木直人、石塚英彦、宇梶剛士、小日向文世、佐々木蔵之介、黒木瞳、唐沢寿明

あらすじ(他から拝借)
西暦2015年。2000年に起こった「血の大晦日」は、ケンヂたちが行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は世界の救世主として崇められていた。ケンヂの姪、カンナは高校生に成長し、学校で習う「血の大晦日」に憤りを感じていた。そんなカンナは学校で問題児扱いされ、「ともだちランド」に送られることに。それは、社会のルールからはみ出した人間を洗脳する施設だった。


公開したばっかりなので
ネタバレしないように書いてみましょ手(パー)

私にとっては今回は少し難しかったです。
物語は1章同様に過去と現代が入り乱れてるとこがあるし、登場人物が増えていくので、私の脳のキャパに入るには…
原作読んどくべきでしたふらふら
それでも2015年のカンナは
可愛いし〜カッコイイし〜グッド(上向き矢印)
応援したくなりますねぴかぴか(新しい)
そのカンナの同じクラスの女の子、この子がいい味出してましたね〜
んで映画について行けなかった私はパンフレット買ったんですけど。
ん?
どっかで見た名前やん。。。
と、『銭ゲバ』で松ケンが惚れてるフリして騙してる女の子を演じてる子でした。
(ごめん、役名忘れちゃったあせあせ(飛び散る汗)
全然雰囲気違うんやもん、別人かと思った〜目

あと、役がみんな年取ってるのよ〜
当たり前やけどさっわーい(嬉しい顔)
それがまぁ、そこまで老けんでも〜って人もいたりしてね。
もちろん、老けても外見・役柄共にトヨエツはカッコ良かったけどね揺れるハート
それと「ともだち」の正体はこの人では?
と思っていたけど予想がハズレ、しっかり騙されていたので残念バッド(下向き矢印)
やっぱ2時間ドラマの犯人のようにはいきませんね。
2章の最後でも正体は不明のままです。
最終章までのお楽しみってやつです。
あ〜〜〜早く続きが見たいっすexclamation×2

この映画ってなんやろ、
あったかくなるねかわいい
少年の夢が題材やからかな?
それと引き込まれるのは、ヒーローみたいな人も出てくるし、それだけじゃなく謎めいた部分がいっぱいあるし、キャラ分けもしっかりしてるからかな。

今回も盛りだくさんの俳優人達がいっぱい出ていますので、
違う視点から見ても楽しいと思いますひらめき
初心者は原作を読んでから劇場へGOカチンコですよ〜犬




posted by AS at 23:43| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

4年も前だったのね〜

新年を迎えたということで、
年内にパソコンも動いたし〜右斜め上
心機一転をしようと思いまして〜ひらめき
我がブログ家もちょっぴり変えてみました。

どこが変わったでしょか?わーい(嬉しい顔)

見よう!見よう!!と思いつつも見逃して
先に『ダークナイト』を見てしまった私ですが、
やっと謙さんの悪役を見させていただきました揺れるハート
この前まで書いてた拳さんとは違う、渡辺謙さんのことね目


『バットマン ビギンズ』

監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマン、渡辺謙

あらすじ〜(他から拝借)
ゴッサム・シティの大富豪の御曹司として、幸せな少年時代をおくっていたブルース・ウェインの人生は、目の前で両親が殺されて以来、一変した。悲劇の発端を招いてしまった罪悪感、抑えがたい犯人への復讐心、父から受け継いだ善行への使命。さまざまな葛藤を抱え、ブルースは世界を放浪する旅に出る。ヒマラヤの奥地で“影の同盟”を名乗るデュカードという人物に出会ったブルースは、彼に師事して心身を鍛錬。数年ぶりにゴッサムに戻ると、自らのすべてを賭け、悪と闘うことを決意する。闇の番人、バットマン誕生の瞬間だった...。


は〜〜〜い手(パー)
見ごたえありましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
バットマン、やっぱり好きだわ私。
この作品はバットマンが誕生する話なんですが、
今までこのシリーズを見てきた私としては原点の部分を感じまして、凄く納得がいきました。
人間誰しも弱い部分というか、恐怖に勝てない部分がありますよね。
それに立ち向かっていくブルースの姿に感動るんるん
アメコミ原作なんで「ありえへん」ってとこもあるけど、
そんな細かいこと言ってたらキリないし、ここはこの作品の魅力である精神力を養う主人公を応援する気持ちになっちゃえ〜exclamation×2
アクション満載だし、男前は出てくるし〜
なんかあの刑事役の人が渋くてカッコイイです〜揺れるハート
んでもって精神科医が嵐の松潤に似て蝶です〜揺れるハート
もちろん、主役も負けてませんよ〜
クリスチャン・ベールの苦悩している顔といい、お坊ちゃま風ではにかんだ笑顔といい、ハマリまするんるん

期待していた謙さんは意外と出番少な目でした〜右斜め下
まぁ、しょうがないか〜
悪役の替え玉(?)っていうのかな、影武者だもんね〜

最後にちゃんと「ジョーカー」のキーワードが出ていたんですね。
うーん、もう一回『ダークナイト』見ようかなぁ目
続けてみたほうが楽しめますねぴかぴか(新しい)

だけど、この作品って4年も前のだったのね。
私って見るの遅すぎがく〜(落胆した顔)

ヒーロー物が好きな人には絶対オススメの作品ですかわいい
あ、松潤ファンの人にも見てほしいかなー(長音記号1)
posted by AS at 22:27| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

『火宅の人』

いろいろ忙しくて長いこと書けなかったんですけど、
時間が出来たので感想をアップします手(パー)

『火宅の人』

監督:深作欣二

キャスト(役名)
緒形拳 オガタケン (桂一雄)
いしだあゆみ (ヨリ子)
原田美枝子 ハラダミエコ (矢島恵子)
松坂慶子 マツザカケイコ (葉子)
真田広之 サナダヒロユキ (中原中也)
岡田裕介 オカダユウスケ (太宰治)


あらすじ(他から拝借)
作家、桂一雄は、最初の妻リツ子に死なれ、後妻としてヨリ子をもらった。ヨリ子は腹ちがいの一郎をはじめ、次郎、弥太、フミ子、サト子と5人の子供を育ててきた。昭和31年、夏、一雄は新劇女優、矢島恵子と事をおこした。8年前の秋、彼女が知人の紹介状を持って訪ねて来て以来、その率直さに心魅かれていたのだ。恵子はその後、一雄の忙しい時に原稿の清書を手伝ったりしていた。26年に「長恨歌」で直木賞を受けた一雄は、受賞の喜びよりも恵子の嬉しげな笑顔の方が、心に残る。だが、指一本触れたことがなかった。そんな時、一雄の身辺に凶事が重なった。一昨年の夏は、奥秩父で落石に遭い助骨3本を骨折。昨年の夏は、次郎が日本脳炎にかかり、言葉も手足も麻痺してしまう。そして今年の夏。一雄は太宰治の文学碑の除幕式に参列するための青森行に、恵子を誘ってしまった。ヨリ子は次郎の事があってから、怪しげな宗教の力にすがるようになっていた。一雄はある局面に向って走り出した。40年前、一雄の母は、神経衰弱の父と幼い妹二人を残して、年下の大学生と駆けおちしたのである。


ちょっと前に緒形拳さんの追悼上映やってたんですよ〜
なので、興味あったから見てきました手(チョキ)

この作品は、日本のって言うか世界の男性の憧れみたいな物語ですね。
妻と子供がいるのに浮気しちゃって〜キスマーク
その上愛人とケンカしたら放浪の旅に出て〜船
旅先でも女と仲良くやっちゃって〜雷

それだけ男尊女卑の時代だったってことなのかもしれませんが。

最近の男性には恋愛力が低下しているバッド(下向き矢印)
とネットのニュースで見ましたが、
この映画みたいに、妻子あっても浮気しても甲斐性(経済力)があれば許されるっていうのは、女性の私でも少し納得です。

しっかし、緒形拳の役どころはええですなぁ〜グッド(上向き矢印)
綺麗どころを独り占めですよ。
原田さんや松坂さんの○△っぷりが凄いです。
最近の女優さんでこんなに大胆な演技は思い浮かびません。

松坂慶子が演じたサラッとした性格の女性に憧れます揺れるハート

彼女が
「こんな自由な時間はずっとは続かないでしょ。
 だから決めたの。あたし結婚するわ。」
みたいなセリフをサバサバした表情で言うんですよ。

その彼女は大富豪の後妻としてプロポーズされていたんですが、
その大富豪は2号さんや愛人がいっぱいいるし、異国の地の人だし、結婚を迷っていたんでしょうね。

男にとっては軽い結婚で代えのきく相手(妻)でも、
女にとって結婚って一生のことで、
すごくすごく大事なことなんですよね〜目

だから男の人には女の人(妻や彼女)を大切にして欲しいなぁ。
とても良く女心と男心が描かれた作品でした。

女優陣が大胆すぎるんで、子供のいない時に見てくださいね。

posted by AS at 01:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』

はい、今年1年は邦画祭となってしまったASです。
こんばんは〜三日月

どうしてこんな邦画ばかり見る結果になってしまったんだろうなぁ。
良く考えると、洋画はジョニーの『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』と『私がクマにキレた理由(わけ)』くらいかもしれない。
邦画のレベルや質が上がってきているということだろうか。



『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』


監督・脚本:佐藤嗣麻子
出演:金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、高島礼子


あらすじ(他から拝借)
1945年の架空都市<帝都>。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生じる日本で、世間を脅かしている強盗がいた。“怪人20面相”と呼ばれるその強盗は、富裕層だけをターゲットとし、美術品や骨董品を魔法のようなテクニックで、次々と盗み出すというのだ。頭脳明晰でこれまでも数々の事件を解決してきた探偵、明智小五郎は、サーカスの人気曲芸師、平吉が謎の怪人20面相<K-20>だと疑い、捜査を始めるが…。


だいたい予習してから行くのが好きなんですけど、年末と言うこともありネットでの検索とか他の方のブログの感想とかも読まずに行って来ました。
なので、最初は江戸川乱歩のシリーズの中のどれかを映画化したのかと思っておりました手(パー)
でも全然違っていました〜ダッシュ(走り出すさま)
これは結構面白い映画ですよ。
テンポが良いし〜
役者さん達は上手いし〜
アクションも満載だし〜
何がいいってあなた、金城武が二枚目じゃないんですよ〜グッド(上向き矢印)
二枚目半ってところかな?
松たか子がコメディーやるのは見慣れてますけど、彼女は元々がお嬢様なので、やっぱりこういうお嬢様役がピッタリですねるんるん
大きなお屋敷に住んでいても、お嬢様言葉使っていても、違和感なしです。

確かにお正月用の娯楽映画という感じがプンプン匂ってきますが、それを感じていても、納得のいく作品だと思います。
最後にどんでん返しがあるところが、二十面相らしいしね揺れるハート

この映画も世代を選ばずに楽しめるので、
みなさんにオススメです〜かわいい
posted by AS at 01:02| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

途中からだけど完結まで

『篤姫』完結まで見ました手(チョキ)

うちの両親は鹿児島出身という事もあり、母だけは毎週見ていた様子。
しかし、私は夜バイトも重なり、今時の大河っておもろいん?ってな具合でした。
ただ、時期同じくしてちょっと前の大河のDVDを貸してくださった方がいらして、それを見て「堺雅人」にハマリまして〜
お陰で殿が出る頃からは毎週のように一週間遅れの再放送かビデオで見ておりました。

このドラマ、最後に篤姫が言っていたですね〜
一方を聞いて判断するな〜みたいなことや、
感じるがままに生きよ〜みないなことを。

まさにそこひらめきです、そこが私の心打ちましたぴかぴか(新しい)

自分が生きる中でのヒントとなるものがドラマにもありました。
昔も今も、一緒やと思うのです。
自分はいろんな人の話を聞いて判断しよう耳
判らないときは感じるがままに生きよう目

きっとこの『篤姫』のヒットは主演のあおいちゃんの可愛らしさ揺れるハートや演技力カチンコだけでなく、そういう生き方に共感したり、応援したり、勇気付けられたりしたからではないかと思います。

九州のおごじょ(女)は芯の強い人が多いんですわ〜かわいい

それなのになぁ〜
うちの母ときたら〜

この前、ここにもコメントくださる知人から、
「お母さんのダイエットはどうですか?
 ブログには書かれてないようですが…」
とメールが来まして、恥ずかしい思いでございますふらふら
同じ九州のおごじょの筈なのに〜
芯が弱いっていうか何といいますかあせあせ(飛び散る汗)

また母のダイエットは次回にでも書ければと思います手(パー)

posted by AS at 12:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

チャーリー気分で!

EXILEをリピートで聴きながら〜
キュンキュンるんるんうきうきグッド(上向き矢印)しながら仕事場へ向かっていたら〜

おぉっと〜
久しぶりの『ウォンカチョコ』発見exclamation×2

これは奇遇だ〜
いつもは通り過ぎるお店だけど買っちゃおうわーい(嬉しい顔)
ん、まてよ、これは???
前のトラックとは違って、ウンパルンパがポップになってるぅ目

急いで読んでも分かんないバッド(下向き矢印)

しょうがないからレジで聞いてみると、
「スクラッチを削って、特製フィギュア付きストラップを当てよう!」
と言うものらしい。
非売品のウォンカとウンパルンパのストラップが各500名に当たるそうです。

って、裏をしっかり読めばかいてあるじゃんかダッシュ(走り出すさま)
裏まで読んでませんでした〜
仕事の邪魔してすみません店員さんあせあせ(飛び散る汗)

大人買いしたかったけど〜
とりあえず、私と私の友人の分だけ買いました手(チョキ)
明日はチャーリー気分で削ってみまするんるん

写メあるけど携帯からだからちょっと写り悪くてすんまそんバッド(下向き矢印)
Image1231.jpg
posted by AS at 00:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。