2008年11月27日

『レッドクリフ PartI』

ぬっほほほ〜わーい(嬉しい顔)
見たよ、行ったよ、三国志exclamation
ジョン・ウーが制作費足りなくて自分のお金も注ぎ込んじゃった〜と言う超大作を手(チョキ)

邦画祭が終わったと思ったらアジア映画ですかexclamation&question
なんてツッコミはしないでくださいな。
全くもって『三国志』に興味なくて、映画もじぇ〜んじぇん見る気無かったんですけど、アジア映画見ない子が「すっごく面白かった揺れるハート」と言うので、一緒に行ってくれる人を探してたんです。
そしたら映画見る会があったので参加しちゃいましたわーい(嬉しい顔)
ちょっと勇気いりましたけど、行ってよかった〜グッド(上向き矢印)

『レッドクリフ PartI』

監督・製作・製作総指揮・脚本:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン


あらすじ…(他から拝借)
西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に脅威を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリスマ性に魅了される。一方の周瑜も孔明の人柄と戦術眼に驚嘆し、その存在を意識するようになる。そして二人は信頼を深め、共に戦う事を決意するのだった。


今回ビックリなのは、日本はジョン・ウー監督に許可無く映画本編が始まる前に解釈を数分いれているという事。
すっごいね、それって目
ま、お陰で中国史は学生の時のうっすらとした記憶しかない私でも物語が理解できました〜グッド(上向き矢印)
これは本当に中国好きとか三国志好きとかゲームで三国志ハマってるとかだったらたまんないかも。
マンガで三国志を読んだ人が言ってたんだけど、風貌とかもかなり似せてあって、随分前に読んだのに記憶が蘇ってきたそうな。
その細かいあたりも監督の意気込みを感じます。

俳優人達にもほんっとに申し訳ないんですが、金城武しか知りません。
失礼、中村獅童がおりましたが、彼は中国人にまじっても全然違和感無かったです。
やっぱり1番は、トニー・レオンですね黒ハート
役もいいんだけど、彼の醸し出す多才なところはさすがですぴかぴか(新しい)
金城武もなかなかのところ。
声の仕事をしてるせいか、出てきてすぐの2〜3言が吹き替えか?と思うくらい彼の声だけデカかったのですが気のせいでしょうか。
その後は何も気になることなく物語りに没頭しました。
ちょっと役名が分からないんですけど、金城武と同じように右腕、左腕と思われる名将達が個性豊かで楽しかったです黒ハート
トニー・レオンの妻役がとてもひらめき綺麗な女優さんだったんですけど…
エロ過ぎない?
確かに、その女性を手に入れたいと言うのを含めて相手は戦争をしかけたのだから、そこを強めたかったのかもしれませんけど。

という訳で、この前の群馬からの帰りに勝手に拝借した『三国志』を読みたくなってきました〜
拝借した時は、こんな字ばっかり(⇒当たり前パンチ)の小説読みきられへんわふらふら
と思ってましたけど、続編が公開される4月までには読んでおきたいexclamation×2
あの本どこにやったっけ〜
弟夫婦にあげたっけ〜
アハハわーい(嬉しい顔)

来年ですけど、
この作品の続編を一緒に見に行ってくださる方を募集中グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

たぶん、誰が見ても楽しめる作品だと思いまするんるん
鳩のシーン以外はわーい(嬉しい顔)

映画通のみなさんから言わせると
ジョン・ウー=鳩
だそうです目

posted by AS at 14:22| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(4) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

謙さんの娘だった

どうやら『櫻の園−さくらのその−』に出ていたボーイッシュな彼女は、渡辺謙さんのお嬢さんだったようです。

芸能活動してることも知らなかったんですが、携帯のメルマガで分かりました。

恐るべし二世俳優です(#^.^#)

携帯の方はこちらからどうぞ↓
http://news.merumo.ne.jp/
posted by AS at 21:29| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

『櫻の園 −さくらのその−』

公開してまもなくの平日に行ってまいりました。
ほんと、こんなに邦画ばっか見てたら、洋画の字幕読むのがダルくなってしまうやん。

誰か洋画も付き合ってよ〜グッド(上向き矢印)
邦画ばっかりじゃ嫌だよ〜バッド(下向き矢印)


なんでほんなら見たん?
と聞かれると、ミーハー心がこう答えます。
言わずと知れたスピッツの新曲が流れる映画だから見たのよっexclamation×2てね。


『櫻の園 −さくらのその−』

監督:中原俊
原作:吉田秋生
出演:福田沙紀、寺島咲、杏、大島優子、はねゆり、武井咲、米倉涼子、菊川怜、上戸彩、柳下大、京野ことみ、大杉漣、富司純子

あらすじ…(他から拝借)
バイオリニストの夢を諦めた桃は、親が決めた名門私立高校、櫻華学園へ編入する。伝統を重んじる音楽高校とそりが合わずに退学したが、編入した櫻華学園も伝統に囚われた学校だった。うんざりした桃は、出入りが禁止されている旧校舎で、「桜の園」のシナリオを見つける。昔は、演劇部の生徒が脚本を書き、毎年桜の季節に上演されていたらしい。この脚本を演じてみたくなった桃は、親しくなった生徒に声をかけ、出演者を集める。



ネタバレ、もちろん有なので、これから見る人はご注意くださいませ。

映画を見る時間がいつもより早い時間だったんですよ〜
なので、ちょっぴり睡魔に襲われたとこもあったんですけど、全体的にうまくまとまっていたのではないか…と。

女子高って言うのは、あぁこんなだったな。とか、
お金持ちが行く女子高って言うのは、こんな感じなんやね。とか、
自分の高校時代を思い出しました。

主役の福田沙紀ちゃんは可愛かった黒ハート
ただ可愛いだけじゃなく、生意気な感じ、気の強い感じ、お嬢様学校に嫌気がさしてる感じを上手く演じていたと思います。
また同じように女子高ではありがちな、男性的なというか、中世的な女の子の役を演じた女優さん(ゴメン名前わかんない)が自分が学校の中で人気があって騒がれていることについて、どう思っているか語るところとか良かった〜るんるん

劇中劇の部分は少ないんだけど、芝居をする為に呼びかけて集まった学生達がだんだんお芝居に向けて練習を重ねたり、先走って小道具を作ったり、ドレスを買ったりしている姿が微笑ましい〜ぴかぴか(新しい)
かわいい青春だねかわいい

もちょっとスピッツの曲がかかれば良かったねぇ〜
『ハチクロ』の時も思ったけど、最後しか流れないんだもんバッド(下向き矢印)
せっかく主題歌なのに、もっと流してよ〜ふらふら

学生さんより、中高年が見て懐かしがるのにオススメかも目




posted by AS at 01:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

『お伽の棺』

秋の夜長に、
首筋に生ぬるぅ〜い物がタラ〜リと流れる感触が。

なっ、なんや?!


何のことはない、毛染めしとったんやふらふら

今年の私は暇人なのですが、って言うか、就活もコンカツも前進しないと分かった途端に暇人を決め込んで芸術の秋を楽しもうと切り替えましたわーい(嬉しい顔)
なので映画やら本の感想の多いこと目

雨降りでのんびりしようって気分も手伝ってDVDを観ました。

『お伽の棺』
扉座第41回公演
作・演出:横内謙介
出演:岡森諦、中原三千代、犬養淳治、キム・ナムヒ、黄淑京


「鶴の恩返し」を元に作られたお芝居。
舞台上には余計な物は何も無く、シンプルな作りにろうそくの火でライトアップ。
これは生で観たほうが良かったかも。
(いえ、舞台と言うのは全て生で観たほうがいいに決まっている。)
張りのある歌声で引き込まれていく。
話の筋は分かっているので自然と役者の迫力と演技の戦いと言うかぶつかり合いに目も心も奪われる。

話の設定、鶴のところが異人なんです。
それを韓国人のキム・ナムヒが演じているのですが、日本語と韓国語を交えながらの熱演でした。
日本語でも鬼気迫ると言いましょうか、ぐっとくるものがありました。
「日本語でも」と書いたのは、人間は母国語が1番感情を表しやすいと思うのです。

真っ白な綺麗な布を織る異人。

血が通っているから綺麗な布を織れる。
傷ついているからそれも一緒に布織るときに込める。
だから真っ白な綺麗な布が織れるのだ。

そういう感じの台詞があったのですが、昔からある話なのにそんなメッセージは考えたことなかったです。

鶴を異人にしたことで、異文化の違いを表してるようにも思えました。


こんなに素敵な作品なのに東京だけだなんてね〜
せめて大阪くらいに来てくれてもいいのに。


おとぎのひつぎ…と言います。
私、最初は読めませんでした〜アハハわーい(嬉しい顔)
これ私、東京まで観に行ったろかいなぁ〜と思った作品。
別に知っている人や好きな人が出ている訳でもなく、好きな作品と言う訳でもなく、お金が有り余ってるからでもなく、横内さんが作る芝居というナマモノを観たかったからなのですが、チケットを取るタイミングに大きなイベントの企画して実行してましたので行けなかった。
それを知って親切な方がDVDに納めてプレゼントしてくださいました。
すごいですね、この方は。
いつも相手を喜ばせるものプレゼント
それを見通す力ひらめきを持っておられて驚かされますexclamation×2
本当にありがとうございますぴかぴか(新しい)

さぁ〜て、次は何を楽しもうかな。

posted by AS at 03:10| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

やっぱりええもんはええのや。

ちょっと凄いニュース見てもーたexclamation×2
と言ってもかなり前のニュースなのだが…

朝ドラの中で、『ちりとてちん』のDVDが『おしん』をぬいて第一だと。

やっぱりねぇ〜グッド(上向き矢印)
いくら視聴率が悪くったって良さが分かる人には分かるのよ。

私なんて今だに、
「四草兄さんが出てた!」
とか役名で言っては母と二人でテレビにかじりつきですもんぴかぴか(新しい)
(某テレビ局の日曜9時ねっ目
たぶん、他の兄弟が出てても役名やね。

それってすっごい役者には迷惑な話やわなぁダッシュ(走り出すさま)

それにしても落語っておもしろい。
いつかは繁盛亭に行きたいが一人ではさすがによー行かん。
あれって前もって出演者分かるよねぇ。
見たい人は草原兄さんだけど人気らしいので、もう誰でもええから見てみたいるんるん
あ、やっぱ誰でもええっていうのは困るか。
顔くらい見たことある人の方が楽しめるよねぇわーい(嬉しい顔)
友人の落語の先生、蝶六さんだったかなぁ?あの人、ええ声で顔もなかなかの男前やし聴いてみたいなぁ。
なんかね、芸達者の香川照之に似てたからよけいにファンになってしまうわ。
あかんねぇ〜
あの親子は私を病気にさせるよ〜
観劇貧乏という病にねぇ〜



話題が反れましたが『ちりとてちん』のDVD買おうかなぁ〜

元記事はこちらから↓
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/152179/#izaRelNews


posted by AS at 01:12| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

『私がクマにキレた理由(わけ)』

ひょんなことから映画を観に行くことになりまして〜猫
どれを観るかな〜グッド(上向き矢印)
なんて思っていたんですけど、これしかすぐに観れるものが無かったのであります。
いや、すぐに観れなくても良かったんですけどねぇ〜わーい(嬉しい顔)
CMを見てからこの作品も気になっていましたので行けて良かった手(チョキ)
(そやけど観たい映画をピックアップしておいて全然観れてないのはどういう理由<わけ>なんだか〜アハハあせあせ(飛び散る汗)

映画のタイトルにかけて見ました台風
あーサブふらふら


『私がクマにキレた理由(わけ)』

監督・脚本
シャリ・スプリンガー・バーマン
ロバート・プルチーニ

出演:スカーレット・ヨハンソン、ローラ・リニー、アリシア・キーズ、クリス・エヴァンス、ポール・ジアマッティ


あらすじ(他から拝借)
無事に大学を卒業したものの、人生の方向性を決められない21歳のアニー。就職活動も上手く行かず、公園で途方に暮れていた彼女は、1人の少年を事故から救う。少年の母親ミセスXに名前を聞かれ「アニー」と答えたところ、彼女は「ナニー(子守り兼教育係)」とカン違い。こうしてひょんなことからX家の“ナニー”となったアニーは、5歳の息子グレイヤーに振り回されながら、アッパー・イーストの超高級アパートに暮らすX家の生活を観察し始める。


どうやらこの作品の邦題を気にしすぎたようです。
だって〜
クマどこや〜
クマはいつ出るんや〜
う〜〜〜ん、クマってほんまに出るんか〜???
と待っていたのですわーい(嬉しい顔)
ま、主役のスカーレット・ヨハンソンがキュートかわいいなので助かりました。
その相手役の子もナイスガイでしたしね黒ハート

もっとクマにキレるちっ(怒った顔)と思っていたんですけど〜
自分が子供を持っていたら泣きが入った…かもね目

アメリカの金持ちの家庭にありがちなストーリーで、もしかしたら、日本のセレブと言われてる人達の家庭でもこの映画のように子育てや家事全般を人に任せてしまっている家があるかもしれませんね。
さすがにアニーの働く家での緊急事態にアニーママが登場したところや、子供とのお別れシーンではウルッときましたが、最後にはアニーのしたたかさに完敗です。

アメリカでは大爆笑だったかもしれないなぁ〜
でも、日本では生活環境やルールが違うから爆笑は無かったなぁ〜
私はクスッと笑っていたんだけど、みなが笑ってなかったのでちょっと残念ふらふら

大学生のみなさんには論文を書く参考にメモ
世のママさん達には日頃から自分の子供と向き合っているか自問自答するために観ていただきたい1本ですぴかぴか(新しい)

posted by AS at 02:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

ジェニファー可愛い☆

1日に1回は英語を聞こう!!
そう思ってパソコンで動画サイトを鑑賞しております。

動画サイトってどうなのよ〜〜〜たらーっ(汗)
って前は思っていました。
たいした番組やってないと思っていたから。
でも、『フレンズ シーズン2』をやっていたので見てみると…
おもろいやんexclamation×2
レイチェル役のジェニファー・アニストンがメチャ可愛いグッド(上向き矢印)
なんでブラピは別れたんやちっ(怒った顔)

ドラマは、アメリカ的な設定にアメリカ的なストーリーで、
「ありえなぁ〜〜〜い」
と声出して言ってしまいそうなくらいです。
くだらないギャグとかもありますわーい(嬉しい顔)
あ、失礼ふらふら
アメリカンジョークって言うべきですね。

英語の聞き取りにもなるし物語りも軽いから見やすいし、なかなか気に入っています。
映画だと2時間くらいの長時間になるけど、ドラマだと30分とか1時間で切り替えられるから自分の生活の負担も少ないし、いい感じ決定


このパソコンで動画サイト見ながら、「ピーナッツバター」と言うお菓子を食べるのが日課となりつつあります。
ヤバイよね〜ダッシュ(走り出すさま)
でも、やめられない、止まらない〜
母が食べたら太るから私が代わりに食べてあげてるのよぉ〜
と、正当化しています。

動画サイトで『24』も見れるといいなぁ〜
ま、しばらくは『フレンズ シーズン3』も流してくれそうなので、楽しみが続きそうでするんるん


posted by AS at 01:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

『イキガミ』

今日は全国どこでも(たぶん)一律1000円の映画の日でございますねイベント
そんなお得な日に映画を観ない手はないでしょ〜
てな訳で、ほんとはもっと本腰入れていろんな事しなきゃ〜いけない私も映画の日を楽しんできたのでしたかわいい

こうも私の中で邦画祭が続くとは、自分でもビックリー(長音記号2)
今日は『ハンコック』観ようと思っていたのですが、時間的に無理ってことで『イキガミ』ってどうなの?
『アイアンマン』でも良かったのにロバート・ダウニー・JR.よりも『篤姫』の松田翔太に軍配が上がりました。


『イキガミ』

監督:瀧本智行
原作:間瀬元朗
出演:松田翔太、塚本高史、成海璃子、山田孝之、柄本明、劇団ひとり、金井勇太、佐野和真、井川遥、笹野高史、風吹ジュン

あらすじ…(他から拝借)
初のテレビ出演を翌日に控えているギタリストの田辺翼は、ボーカルと反りが合わず、悩んでいた。元々、親友の秀和とコンビを組み、路上で歌っていたが、翼ひとりだけがスカウトされ、事務所に決められたボーカリストとデュオを組まされたのだった。そこに、厚生保健省の藤本という男が現れ、「イキガミ」を渡される。「イキガミ」とは、18歳から24歳までの若者に国から発行され、受け取った者は24時間後に死亡することになる…。

今回、公開して間もないんですがネタバレありまして…ごめんちゃいあせあせ(飛び散る汗)


どうしましょ、いっぱい泣いてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
こんな作品とは知らずに…いえ、きっと予想出来ただろうに、この前、落語で思いっきり笑ったからでしょうか、思いっきり泣きたいと気持ちが無意識にこの作品を選んじゃったんでしょうかねぇ。

死を宣告されたら、皆、自分に正直に生きようとしていた。
だけど死を宣告されなくちゃ、それが出来ない世の中なんて…しかもそれを国が法律として子供の頃から聞かせているなんて…そんな世の中は来ないでほしいと思う反面、そんな世の中になってしまいそうな気配も少なからず感じてしまう。(実際に中国とか北朝鮮はやりかねない)

「イキガミ」を配達する藤本(松田翔太)が心の葛藤を押さえきれず少なからず政府に反する行動を取るところが一番泣けてしまう。
もともと角膜移植云々の話には弱いのだから。

山田孝之くん、こんなワルの演技も出来るんだね〜
お姉さん驚きましたグッド(上向き矢印)

主題歌の歌詞も手伝って、みんなウルウルの劇場でした。

あらすじとか読まずに無になって観に行くことをオススメします猫
posted by AS at 22:29| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

『ファイトクラブ』

気になる俳優を見つけると、以前の作品も観たくなるグッド(上向き矢印)
そんな訳で今回は、普段は気弱そうな表情で、ある心拍数を超えると変身してしまうハルクを演じたエドワード・ノートンに注目しました。
何と言ってもこの彼、来日したときの画像を見ると日本語(大阪弁)もペラペ〜ラじゃないですか!
この時点で私の彼氏にしたい度の上位にランクインです黒ハート


『ファイトクラブ』

監督:デイヴィッド・フィンチャー
キャスト:エドワード・ノートン、ブラッド・ピット、ヘレナ・ボナム・カーター、ミート・ローフ、ザック・レニエ

あらすじ(他から拝借)
ジャック(エドワード・ノートン)は保険会社に勤めるヤング・エグゼクティブ。ここ数カ月は不眠症に悩み、さまざまな病気を抱える人々が集まる「支援の会」に通い始め、そこで泣くことに快感を覚えるように。ある時...

これはまたデンジャラスな1本を借りてしまいましたがく〜(落胆した顔)
男の友情っていいなぁ〜グッド(上向き矢印)
なんて思って観ているうちは良かったんですけど、だんだん雲行きが怪しくなってきて、やっぱりアメリカ的っていうんでしょうか、「アルジャーノンに花束を」系かな〜と思ったらその通りでした。
作品は結構凶暴に殴りあったりするんで私好みじゃないけれど、エドワード・ノートンの表情が凄くいい黒ハート
ブラピがカッコイイのは周知の認めるところだけど、一癖あるこの役をイタズラ坊主のように演じるから憎めない猫
また、ヘレナ・ボナム・カーターって女優はどこか変人な役どころがどうしてこうも上手いのかexclamation&question
彼女は狂気的な雰囲気を醸し出せるピカイチの女優さんですね位置情報

今回はノートンとブラピってだけで借りてしまったのでバッド(下向き矢印)
今度借りるときは内容を考慮して借りようっとわーい(嬉しい顔)

スカッと殴りたいパンチ人にオススメの作品です。

posted by AS at 14:01| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

『24 シーズン3』

は〜い、やっと見ましたよん『24 シーズン3』

ジャックは相変わらず危ない橋を渡っておりました猫

ストーリー(他から拝借)
シーズン2のラストで大統領がバイオテロに襲われてから3年後。
ロサンゼルスの保健局の前にウィルスに犯された遺体が置きさりにされる。同時に「麻薬カルテルのボス、サラザールを解放しなければ、致死性の高いウィルス=24時間で死にいたる…をLAにばら撒く」という脅迫がCTUに届く。再選に向けた討論会のため3年前の事件以来初めてロサンゼルスをパーマー大統領が訪れている日の昼過ぎのことだった。
ジャックはサラザールが拘置されている刑務所へと向かい、CTUではトニーの指揮のもと犯人の割り出しに全力を注ぐ。長い1日がまたしても始まろうとしていた…!



やっぱ、面白かったexclamation×2
でも、悪役のニーナが死んじゃったんだよ〜もうやだ〜(悲しい顔)
彼女が出ると危険な匂いがして楽しかったのに残念だわふらふら
ジャックとのやりとりもドキドキしたしね〜
あとチェイス(ジャックの仕事のパートナーでキムの恋人)がカッコ良かったにもかかわらず、話の流れから現場から退いてしまってこちらも残念ふらふら
今後の活躍が期待大だったのにねぇ〜

1や2に比べて、ちょっと中だるみちゅう感じのとこあったかも。
だんだんウィルスが広がっていくかも…って言う恐怖や、ミッシェルが感染してるかも…って言う恐怖はドキドキ感があったんだけど、どうもその後の描き方がちゃんと感染元を確保出来たのか不明だったし、最後のウィルスを持った男を捕まえるまでが、時間制限があったんでしょうか〜バタバタに終わったって言う感じがするのは致し方ないのかな。


私はまだ3までしか見てないんだけど、どうやら5や6がテレビ放送される様子です。
それまでに4を見る元気は…体力的にも経済的にもちょっとないダッシュ(走り出すさま)

ま、それにシーズン7は撮影が延期になっているようだし、ゆっくり見ていこうっとわーい(嬉しい顔)
そのシーズン7で「トニーが復活」って言うのを目にして、
「えっ、それまでに死んじゃうのぉ〜どんっ(衝撃)
っとビックリしている私です。
トニーも好きなんですよね。
って言うか、みんなCTUで働いてる人達はプロフェッショナルでカッコ良くって大好きです揺れるハート

次はいつになるやら。
仕事決まるまで「24絶ち」してもいいけど、実は仕事決まる前だからまとめて借りて見れるって言う、相反する状況でありますにゃ猫



posted by AS at 22:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。