2008年09月07日

『デトロイド・メタル・シティ』

久しぶりのパソコンでございます犬
ちょっと立ち上げるがめんどくさくって、携帯メールで記事をアップしておりました。
って言うか、最近は忙しいのでございます。
仕事探しが大半ですけど、邦画祭の私が英語中毒になろうと思って(半額セールにつられて⇒バカ丸出しで)またDVD借りちゃったんですわーい(嬉しい顔)
でもその前に松ケンをやっと観てきたのでねっ揺れるハート

『デトロイド・メタル・シティ』

監督:李闘士男
原作:若杉公徳
出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ、松雪泰子、鈴木一真、高橋一生、宮崎美子、大倉孝二、岡田義徳、ジーン・シモンズ


あらすじ…(他から拝借)
おしゃれな渋谷系ポップミュージシャンに憧れ、大学進学を機に田舎から上京した心優しき青年・根岸崇一。「NO MUSIC NO DREAM」を胸に、デスレコーズの新人ミュージシャン募集に応募するが、本人の意志を無視して悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」(通称DMC)のギターボーカル「ヨハネ・クラウザー・II世」として売り出され、あろうことかカリスマ的人気を博してしまう。


ネタバレありになっちゃいそうなんですけど、ごめんなさいませあせあせ(飛び散る汗)

これはものすっごく面白い飛行機
ぶっ飛びです〜グッド(上向き矢印)
(飛行機で飛んじゃうくらい〜)
原作読んでないけど大笑いしました〜わーい(嬉しい顔)
(下ネタ系の言葉満載らしいけど読みたい〜)
キャストもいいよ〜決定
どこがいいって主役がいい揺れるハート揺れるハート揺れるハート
(ハート何個つけんねんって!!)
松ケン最高ぴかぴか(新しい)
オドオドしてる根岸君はまるでオカマちゃんみたいなんですけど、デスメタルバンドのボーカルしてる時のクラウザーさんとのギャップが面白すぎる〜わーい(嬉しい顔)
松ケンじゃなきゃ〜あんな演技出来ないよぉグッド(上向き矢印)
加藤ローサちゃんはいつもの、可愛いくってちょっとボケたとこがある女の子…そんな感じるんるん
後輩役の高橋一生くん、これまた松ケン演じる根岸君と同じくほんわか〜な優しい歌を唄う子なんだけど、甘いねぇ〜声が甘いっすハートたち(複数ハート)
んでもって「デトロイド・メタル・シティ」のバンド仲間、誰?役者の名前分かんないけど、この二人もいい味出してましたし、応援する(信者?)ファンもどこまでも熱い雷

前に、小冊子みたいなのが映画館にあったんで漫画もチョッピリ載ってたから読んでてすごく気になってたんですけど、この映画ってカジ君が出てるんですよ〜
ミュージシャンの『カジヒデキ』
もうどっかいっちゃったのかな〜って思ってました(失礼!!!)。
カジ君がいい仕事してまっせ〜
根岸君の歌う曲がカジワールド満開で小冊子のイメージ通りなのかわいい
そして、この人が一番いい仕事してました〜松雪泰子さんグッド(上向き矢印)
怖いくらいにメタル好きで、根岸君の才能を引き出した社長さんの役はまさにハマリ役exclamation×2


いや〜ギャグ漫画って「伊賀のカバ丸」が最高だと思ってたんですけど(歳バレルってたらーっ(汗))これ最高っすわーい(嬉しい顔)
デスメタル(バンド系)の音楽が嫌いな方でも肩の力抜いて観に行けば大丈夫、大笑いしたい人にオススメですグッド(上向き矢印)
posted by AS at 01:52| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(2) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

『20世紀少年』

こんばんは〜三日月
って言うか、今日はいつも以上に真夜中の更新でございます。
もう寝よう眠い(睡眠)かと思ったんですが、明日は朝から晩まで外出しているので、やっぱり家にいるうちにアップしておこうと思いまして、映画カチンコの感想と言うか「観たよ」って記録ですメモ

ぬわんと〜目
珍しく今年2回目(位やったと思う)の初日の観劇、あっいや鑑賞でございます。

『20世紀少年』
監督:堤幸彦
原作:浦沢直樹
出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛 士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木内蔵助、石橋蓮司、中村嘉葎雄、黒木瞳

あらすじ…(他から拝借)
ロックスターを目指していたが、今は実家のコンビニを継ぎ、失踪した姉の子供を育てているケンヂ。同窓会で会った旧友から、「ともだち」と呼ばれる教祖が率いるカルト教団が、ケンヂが子供時代に作った「よげんの書」とそっくりの怪しい事件を起こしていることを聞く。その後、仲間の1人だったドンキーが殺され、事件の謎を解こうとケンヂは立ち上がる。しかし、「ともだち」によって、テロリストの汚名を着せられてしまい…。


さぁ〜
どうなるんでしょ〜
って私もまだ分かんないですけどねぇ、原作読んでないので。
これ、3部作なんですよね、だから当然今回は「つづく」で終わってる訳でして、その上に公開初日だからネタバレもあまり出来ないって点で非常に感想書きにくいっすわふらふら
まず、「デスノート」でも思ったんですけど、良く出来た作品であることには間違いないですグッド(上向き矢印)
時代背景が大阪万博の頃、2000年頃、もうちょい未来、と場面(回想シーン)が何度か行ったり来たりするんですけど、昔の日本が上手く描けてました。
それと、良く考えたら誰でもあることだと思うんです、子供時代に基地いすを作ったり小説とかマンガを書いてメモ遊んだりって事。
その誰でもある遊びの中でのことが、現実に起こったらむかっ(怒り)…って話なんです。
子供が考えてたことをベースにしていると言う観点から、小道具とか大道具がちゃちい物が出てきても、アリだね〜と寛大に観れました。
あとね、キャスティングがいいっすね〜かわいい
何回オーディションしたの?ってくらい、唐沢さんとその子供時代が似て蝶なのよん揺れるハート
他のキャストもだいたい似てるんだけども主役だから選りすぐったんでしょうね目
ところどころ豪華メンバーもチョイ役ひらめきで出てるのも楽しいわーい(嬉しい顔)

そ、そ、この作品もエンドロールの最後までお席を立たないでくださいませねexclamation×2
こちらは2部の予告がアリアリなんでございますのよグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

原作が完結しているなら先に読むのもありかな〜
私は時間があれば読むってことで猫
原作読んでなくても、ちゃちい部分やちょっぴりオモロ〜の部分もあって十分楽しめまするんるん
少年の心を持って映画館で観るといいかもかわいい




posted by AS at 02:38| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(6) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

こっちもクライマックス近し

金曜夜10時…
と言えばあーた、そりゃ〜もうこれでしょexclamation×2
TV『魔王』ぴかぴか(新しい)

なんだか古臭いテレビの絵文字だけども、あたしのせいじゃないわさ〜わーい(嬉しい顔)

『魔王』がどんどん面白くなってきました。
思えば、嵐の大野くんが主役exclamation&question
えーーーーーっがく〜(落胆した顔)
って感じでした。
だって、
一番地味ぃ〜で
リーダーって呼ばれてるだけだしぃ〜って感じで
マイペースでいこうっかな〜って感じだったもんですから。

しかし、これはリメイクしたドラマが良かった目
韓国版は、日本の初回を見てすぐに11時からやっていたので、その回だけ見たんですが、役者のハンサム度は日本の勝ちグッド(上向き矢印)って思いましたね。
また、こっちでは優香ちゃんがやってる姉さん役の人が韓国版は暗かったのよ。
(ちょうどお姉さんが出る回だったのね)

「ひみつの嵐ちゃん」で、すっかり嵐の番組ファンになっている私達親子をドラマ『魔王』でも虜にしてしまったようです猫

2週前だったか、大野くんがボロボロ泣いてばっかの週がありましたっけ、
そこから一転して復習に燃える悪魔の心を取り戻した大野くん、ちょっち笑えたりします(ごめんよぉ〜ダッシュ(走り出すさま))。
半笑いの大野くんにもだいぶ慣れて来ました。
そして、いつも熱い男っぷりの生田斗真くんでございます。
この人はよー走っとります位置情報
刑事役って結構そういうのあるかも。
ほんでもって憎たらしい役させたら私の中ではピカイチぴかぴか(新しい)の石坂浩二さん、期待を裏切らない熱演でございます。
で、こちらもなかなかの名演技、劇団ひとりさん。
(今日はワルでしたなぁ〜わーい(嬉しい顔)
ほんまダテに「劇団」って名がついてまへん。

このドラマのいいとこは、昼メロみたいに速い展開じゃないけど、スローなくせにドロドロしているところと、最後はどうなるんじゃ〜って気になる、気にする、気にさせるところでしょうか?

女優においてはファニーフェイス好きの私なので最後は小林涼子ちゃんハートが大野くん演じる復習魔スペードを救って欲しいのであります。

あとね〜
どうしても言いたいexclamation×2
カラオケ好きの私としては、あの嵐の主題歌が良いのよ〜揺れるハート
ちょっと、嵐ってあんなカッコイイ歌を唄ってましたっけ?
(重ね重ねファンのみなさまスイマセン)
先週のCDプレゼント応募しとくべきだったかしらふらふら
あの曲が流れるとドキドキわくわくするのよ犬
(ドラマとは関係無かったですねあせあせ(飛び散る汗)
テレビ局やスポンサーは視聴率が気になるところでしょうが、私はあの冒頭に何分かドラマあるけど、その後のオープニングがめっちゃ好きで、その後の主題歌がもっと好きでございますハートたち(複数ハート)
うっわ〜始まったでぇ〜グッド(上向き矢印)
とテンション上がります。

ここ数年オープニングからテンション上がるドラマは久しぶりかもしれません。


滅多にジャニーズ系の音楽は聴かないのですが、次回にレンタル屋に行って覚えていたら、嵐をチョイスすることになりそうな予感でするんるん

来週の『魔王』も楽しみでござるよん。



posted by AS at 01:36| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

残暑お見舞い申し上げますぅ

しばらくご無沙汰でございましたが、みなさんお元気でしょうか?

残暑お見舞い申し上げますリゾート

なんて書いてますが、今日の大阪はちょっぴり過ごしやすい気温でしたか…夜はひんやりしておりますね。
私は先週の淀川花火の一件が響きまして風邪ひいておりました。
が、しかし今年初めの失敗を母とし、すぐに病院に行きましたので、軽く済んでいる様子でございますよわーい(嬉しい顔)
鼻はズルズルですけど元気なので早く映画観に行きたぁ〜い黒ハート
この夏に観た映画の感想もまだなんですけど、次々に観たい映画が出てきたので、忘備録かわりにここへ書いておきましょうるんるん

イベント9月に観たい映画たちカチンコ
『20世紀少年』
稲垣吾郎ちゃんが「サタスマ」で原作に忠実と言っていた作品なんですけど、私は原作読んでないので、素直にバンバン流れているCMを見て期待感いっぱいです目

『ハンコック』
「インクレディブル・ハルク」
「ダークナイト」
と観たらやっぱりこれも観たいでしょうexclamation×2

『シャッター』
ホラーの苦手な私なんですが、ひょんなことからHPを見て興味出てきました。観ちゃうと怖くて夢にまで奥菜恵の顔が出てきそうダッシュ(走り出すさま)なんですけど、怖いもの観たさって感じなんです。

『幸せの1ページ』
最近あまりジョディ・フォスターの作品を観てなかったしファンタジーもたまには観たいな〜猫

『おろち』
あの楳図かずおの同名ホラー漫画がく〜(落胆した顔)がなんと映画化です!
幼い頃に読んだような…途中で放り出したような…なのでラストどうなったか思い出したいので観たいんですよねぇ。

『アイアンマン』
「ハンコック」よりもこっちの方が観たい度が高いかも〜右斜め上
仮面ライダーっぽい、いや、キカイダーか?


ばらばらな選出となりましたが、またもや私としては珍しく邦画が2作品も入っております〜
このうち何作品観に行けるかな?
もう今週ですけど、松ケンの「デトロイト・メタル・シティ」も始まるし楽しみ〜揺れるハート
舞台挨拶もしっかり応募しましたが当たるかな〜
当たったら、これはしっかりレポをブログに書かなくては。

posted by AS at 01:55| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

モッピー発見♪

こんばんは〜るんるん

今日は何の気なしに人気ブログっちゅうもんを検索してみたんですけどね。
そうしたら、あなた、ビックリexclamation×2
このseesaaブログで『ちりとてちん』で小草若役を演じていたモッピーこと茂山宗彦さんがブログ書いてはるじゃないですかグッド(上向き矢印)

ちょっと私ったら遅れてる?
それもそのはず、私、芸能人のブログってあんまり興味無くって続けて読んでるのは、前回紹介した横内さんぐらいなんですよねあせあせ(飛び散る汗)
もしかしたら探せば気になっている役者さんがブログ書いてる可能性もあるんですけど、なんか探すとこまで気がいってないっちゅうか。

せっかくモッピーの見つけたし、『ちりとてちん』兄弟のブログをチェックしよっかなぁ〜目
それこそ遅いかふらふら

けどなんか同じ会社でブログ書いてるって嬉しいなぁ〜かわいい
全然内容には接点無いんやけどねわーい(嬉しい顔)

宗彦さんのブログはこちらから↓
http://moppymoppy.seesaa.net/
posted by AS at 01:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

『インクレディブル・ハルク』

昨日書いたブログの有言実行?ってことで、もともとレディースディの1000円で映画が観れるしってことで行って来ましたexclamation×2

『インクレディブル・ハルク』

監督:ルイ・レテリエ
出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート、ロバート・ダウニーJr.


私、アメコミって割と好きかも黒ハート
いや、そうじゃなくって漫画が原作になっている物が好きなのかなexclamation&question
だってアメコミの漫画自体は読んだことが無いに等しいからあせあせ(飛び散る汗)
今回は『超人ハルク』です。

あらすじは…(他から拝借)
研究実験の事故で心拍数が上がると緑色のモンスター“ハルク”に変身してしまう、科学者のブルース。彼はその体質の軍事利用を狙うロス将軍から逃れながら、ミスター・ブルーなる謎の科学者と連絡を取り、元の身体に戻る方法を模索していた。潜伏していたブラジルからアメリカに戻ったブルースは、最愛の女性ベティと再会。しかしロス将軍とその部下のブロンスキーが再び彼の捕獲作戦を実行し……。


公開して間もないので、ネタバレ書かないように頑張ってみますが、書いちゃったらゴメンナサイダッシュ(走り出すさま)

私ね、たぶん『超人ハルク』知りません。
だけど、悲劇のヒーローってところが、なんか『デビルマン』っぽい感じでした。
あ、ヒーローって勝手に書いちゃったけど、ヒーローでもないか。
主役ブルースのエドワード・ノートン、哀愁を感じますね。
“ハルク”に変身するまでは華奢で研究が好きな青年を垣間見せてくれます。
あんまり予習して行かなかったんですけど、どうして“ハルク”になっちゃうかの理由や、将軍の思惑や、その他もろもろは映画の中で分かっていきますが、心拍数が上がると変身してしまうって言うのは厄介なことであります。
この映画はラブストーリーかと思うくらいに彼女とのシーンは切ないですもうやだ〜(悲しい顔)

ブルースが将軍の追っ手から逃げる、逃げる、逃げる〜
この辺りはアクション映画でして、なんであんなに逃げるの早いんだ〜
細身のブルースなのに逃げ切れるのかexclamation&question

この映画にはブルース以外にも科学者が出てくるんですが…
うん、うん、科学者ってそうよね、研究好きだもの、ほんと、試してみたくなるわよねひらめきって事で厄介な方向に話が進んでしまうんですけどねぇ。

で、将軍以外にも軍人が出てくるんですが…
そう、そう、軍人ってそうよね、戦うことに生きがいを感じ、勝つことが全てだと思っているんだろうね〜パンチ
と言う訳で体の色で言うと、 “緑”対“青”の戦いなんですがふらふら


“ハルク”に変身している時に、ブルースの心のままなのか?がイマイチ分からなかったのですが、途中の“ハルク”の戦いは原作のままなのでしょうか…ちょっとオモロかったですわーい(嬉しい顔)
そこらへんが子供向け?かもしんない。

最後は映画ファンへのオマケ付きですか、次は『アイアンマン』をよろしくってことでしょうねぇ目

私的には面白かったです〜決定
アメコミ好きにはオススメの作品ですねグッド(上向き矢印)
posted by AS at 01:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

ボンビーの次は…

私も感想をこちらへアップしました『夢をかなえるゾウ』がドラマ化されるようです。

どうやらダメサラリーマン役は、ぴかぴか(新しい)小栗旬ぴかぴか(新しい)
あらあら、輝いちゃってるのに〜
で、ゾウの神様役は古田新太モバQ、こちらはピッタリ〜〜グッド(上向き矢印)

今秋のスペシャルドラマだそうです。
ちょいと旬くんはイメージじゃないけど、時間あれば見たいでするんるん

元記事はこちらから↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080724-00000022-oric-ent
posted by AS at 14:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

旬の人やら物やら時間やら〜

私のブログって、
自分の趣味趣向の色が出ていたり〜
自分自身におこったことや家族のことを書いたり〜
ブログのトップに書いている通りのいろんな出来事や出会いについて書いていますー(長音記号1)

で、
<旬の人>
私が今、大好きなアーティストや俳優さん達(EXILE、堺雅人、松山ケンイチ…などなど)は本当に旬なのねって分かります。
別に何の情報も書いていないのですが、ブログにちょっとでも記載しているとアクセス数が凄いですexclamation×2がく〜(落胆した顔)

こんな愚痴の吐き出し放題している、どっかの井戸端会議にもいてそうな者のブログにお越しいただきまして、本当にありがとうございますグッド(上向き矢印)

だからと言って何かお礼が出来る訳でもないし新しい情報がある訳でもないのですが、みなさんにこの場をお借りして感謝をお伝えしたかったのでございます。

最近の私は『ふしぎなアラシちゃん』の影響で、嵐のみなさんがとっても可愛く思えてる今日この頃。
もともとジャニーズは妹が大好きだったので、特に嵐のメンバーは母親の気分で見てしまうのですがわーい(嬉しい顔)
この番組、見ようと思って見ているんじゃなくて、前の時間のドラマを母が見ているので、その流れで嵐のメンバーをそのまま見ているんですよね〜エヘヘ。


<旬の物>
夏野菜、みなさん好きですか〜?
今年はお天気晴れもほどほどに良く、雨雨もほどほどに降ってくれて、うちの出来の悪いお野菜達も成長しておりますグッド(上向き矢印)
きゅうり、トマト、とうもろこし、ナス…などなど。
で、一緒に畑を作っている人がいつも団地に野菜を売りに行ってるようで、今回初めてうちの野菜(とうもろこし)もついでに持って行って下さいましたイベント
10本持っていって、完売でした〜るんるん
やったねexclamation×2

※豆知識
とうもろこしは粒が黄色だけの物と、黄色と白の混ざっている物があります。黄色だけの物は先の方までしっかりと粒がぎっしり詰まっている物が多いです。黄色と白の混ざっている物は先まで粒が出来にくいのですが、こっちの種類の方が甘いそうです。


<旬の時間>
ちょっとずつですが、家家の中の物、自分の部屋の物ブティックを整理しています。
それは収納が上手になると、余分な物を買ったりしないからお金の節約にもなるし、それにより捨てる物も減るのでエコにもつながる、と考えるからです。
今日は大型ゴミ出しの日でした。
さよならした物は…

・掃除機
うち2つあったんですよ〜
まだ使えたけど収納場所が確保出来なくて邪魔になっていたので、親に内緒で1つ捨てましたふらふら
・炊飯器
貰った物だけど小さいし使わないし、ネットで引き取り手を募ったけどいなかったので捨てましたふらふら
・ふとん乾燥機
こちらも2つあったんですよ〜
貰い物と私が購入した物ですが、もう10年近く使用してなかったので、今後も使わないかな?と思って捨てましたふらふら
・運動靴
今まで使っていた靴の先が少し破れていたので新調し、今まで使っていた物を畑用にして、畑用のボロボロ靴を捨てましたふらふら

みんな長年頑張って使わせてもらった物達、ほんとに感謝です黒ハート

なるべく捨てるのはさけたいのだけど、再利用した後やこれ以上再利用出来ない物は捨てる旬だと思うのでゴメンナサイです。

これで気分も部屋も少しスッキリですぴかぴか(新しい)

posted by AS at 18:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

『イルマーレ』

毎日だんだん暑くなってきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

暑さを忘れる為に借りてきた1本。
って、ただ単に予告編で雪景色だったよな〜と、映像だけでも雪を見たら涼しくなるかと思いましてわーい(嬉しい顔)

本家は見てないんですが、キアヌ・リーブスの太り具合が気になっていた作品です。


『イルマーレ』

監督:アレハンドロ・アグレスティ
出演:キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック、ディラン・ウォルシュ、ショーレ・アグダシュルー、クリストファー・プラマー

あらすじ…
DVD情報をみるシカゴの病院の医師であるケイトは、湖畔に立つガラス張りの家から引っ越すことになった。家を出る時、次の住人に宛てて手紙を残した。「郵便物の転送をお願いします。玄関の犬の足跡は元からありました」。新しい住人アレックは、玄関を見たが犬の足跡はなかった。しかし翌日、迷子の犬がやってきて、ペンキで足跡をつけた。アレックは、このことをケイトに手紙で知らせる。数回の手紙のやりとりからアレックは、ケイトが2年後の世界にいることを知る。2人の不思議な文通は続き、やがて愛し合うようになる。


いいねぇ、いいねぇ〜
太り具合…
ちゃうやんexclamation&question

まずは湖のほとりにある家が良かったですハートたち(複数ハート)
大工の娘としましては、家には目がいってしまうのでございます。
広い家だった〜目
家のドアまで長かったな〜ちょっとうらやましいあせあせ(飛び散る汗)

シカゴの街並みもステキぴかぴか(新しい)

ケイトとアレックが偶然知り合った相手と、見えない(会えない)のに手紙でやりとりしてるのが、なんだかこのハイテクな時代に新鮮なラブストーリーでしたぴかぴか(新しい)

アレックの家族の話が出てきた時には、
「自分は親から愛されてないのか?」
「家族はバラバラなのか?」
と考える時期が人それぞれあると思うけど、私のそんな時期にもオーバーラップしましたもうやだ〜(悲しい顔)

『やっぱり愛って大切なのよ』
と思ってしまいました手(パー)

ケイトの恋愛話にはやられました。
彼氏がケイトの誕生日パーティをサプライズで開いたんだけど、そこにヒョンなことからアレックが招かれて、あんな形でアレックと時間を過ごしていたなんて〜がく〜(落胆した顔)
こういう驚きは好きですグッド(上向き矢印)

映画ではあっという間って感じになってましたが、2年も我慢して会える日を待つって凄いですよね目


キアヌはマトリックスシリーズが終わって、気がぬけたから太っちょになったのかな?
もうちょい痩せてる方が、私は好きです黒ハート

待つことの大切さを知りたい人にオススメです手(パー)





posted by AS at 01:35| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

『ユメ十夜』

どうも半額セールのメールが来ると、DVD借りたい病になってしまうらしい。
それはまぁ暇だからって言うのもあるにはあるが、やっぱり松ケン(&堺雅人)の出ている作品を今のうちに見てしまいたいって気持ちの表れであります。
ハマった人の作品はとことん見るけど、実はここぞって時のために1〜2本取っておいたりする変なヤロウです。
(ここぞって時ってどんな時やねんパンチ

『ユメ十夜』

DVDの解説では…
夏目漱石の短編集「夢十夜」を、日本映画界を代表する10人の天才、異才監督たちが一流キャストを迎えて描く、豪華絢爛エンタテインメント!

だそうです…どんなんかなぁ目

第一夜
監督;実相寺昭雄 脚本:久世光彦
出演:小泉今日子 松尾スズキ 寺田農

第二夜
監督:市川崑 脚本:柳谷治
出演:うじきつよし 中村梅之助

第三夜
監督:清水崇
出演:堀部圭亮 香椎由宇

第四夜
監督:清水厚 脚本:猪爪慎一
出演:山本耕史 品川徹

第五夜
監督・脚本:豊島圭介
出演:市川実日子 大倉孝二

第六夜
監督・脚本:松尾スズキ
出演:阿部サダヲ TOZAWA 石原良純

第七夜
監督:天野喜孝、河原真明
出演:sascha 秀島史香

第八夜
監督:山下敦弘 脚本:長尾謙一郎
出演:藤岡弘、 山本浩司

第九夜
監督・脚本:西川美和
出演:緒川たまき ピエール瀧

第十夜
監督:山口雄大 脚本:山口雄大、加藤淳也 脚色:漫☆画太郎
出演:松山ケンイチ 本上まなみ 石坂浩二 安田大サーカス

プロローグ・エピローグ
監督:清水厚
出演:戸田恵梨香


これ夏目漱石なんですよね。
ごっつい有名な作家なんですけど、この人の作品、私むちゃ苦手なんです〜たらーっ(汗)
もう読みにくいったらありゃ〜しないバッド(下向き矢印)
作家って、賢いじゃないですか。
賢い人って苦手です。
つまり私がついていけず理解できないから。
いや、賢い人でも私のレベルまで落としてくれて書いてくれる人の文章なら読み心をくすぐってくれて読みたくなるし理解も出来るのですが…。
なので、原作を理解できない私に、このDVDが理解できたか?と言うと、出来なかったのであります。
とてもシュール台風な世界でした。
ユメ(夢)だから何でもアリ決定なんだね〜と言う感じ。
だけど、松山ケンイチのために借りただけのことはあるexclamation×2
最後の10話目はかなり笑えました〜わーい(嬉しい顔)
10話のスピンオフとか観たいくらいですグッド(上向き矢印)

話も夏目漱石が書いたんじゃなくて、別の人が書いたんちゃう?と思うくらい面白かったでするんるん
ちょいと、豚を食べているあたりが『千と千尋の神隠し』かと思ったくらいで…
あ、もしかしたら、それは○崎さんの方がヒントにしたのかな〜ダッシュ(走り出すさま)

なんか、何故、今、私、松山ケンイチなのか?
最初は『デスノート』のL役に引き込まれたからだったんですけど、その時には全然分からなかったことが今日やっと分かりました。
彼、私の好きな声です黒ハート
顔も好きですけど、声が中低音っていうかね、役者やナレーターで低音が響くような声の人、好きなんですよねぇ揺れるハート

原作にそってでしょうか前編通して時代劇風だったんですけどね、松山くんの別の時代劇も観てみたいなぁ〜ひらめきと思いました。

松山ケンイチ好きの方は絶対観るべしグッド(上向き矢印)でございます。

posted by AS at 00:48| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。