2008年07月03日

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』

そろそろマジで仕事探さなきゃ〜
なんて思っていながらも人間とは楽なほうへ行ってしまう生き物でありますふらふら

そこで借りてきたDVDが男前の1本ですわーい(嬉しい顔)

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス、クリストファー・ウォーケン、マーティン・シーン、ナタリー・バイ

<あらすじ>
1963年、NY州ブロンクスヴィル。16歳のフランク・アバグネイル・ジュニア(レオ ナルド・ディカプリオ)は、両親の離婚のショックから家を飛び出し、生きるために小切手詐欺を思いつく。だが偽造小切手は怪しまれやすい。そこで…。


なんちゅうか、ビックリですむかっ(怒り)
この映画がスピルバーグ監督作品って言うのがね。
イメージが違うっていうか、スピルバーグ監督のって冒険物とか宇宙物とかスケール大きい物を作るのが好きだと思っていたのです。
それから言うとこれはそんなにスケールは大きくありません。
こじんまりした感じ。
でも実話らしいがく〜(落胆した顔)
詐欺師が主人公なんですけど、脚色はあるとしてもですよ、こんな簡単にみんな騙されていたのexclamation&questionと不思議に思います。
時代が時代だけに、詐欺師自体が少ない古き良き時代だったんでしょうね。
まぁ詐欺師になっちゃった彼も、もともと賢い人だったんだろうけど、それにしたってね〜
凄いよ〜この詐欺師の人(映画ではレオ様ね)。
間一髪で逃げちゃうんだもの。それも何回もですよ。
変身するのが好きで楽しくてやっていたのだろうかと疑っちゃうくらいですね。

最後がね、アメリカですね目
日本じゃありえません。
そういう意味でも夢のある国ですね〜アメリカって。
なんでもアリの国って感じですものグッド(上向き矢印)

とりわけ、何が良いとか誰が良いとかはないんですけど、
「え〜〜嘘や〜ん、普通分かるやろう?」
とツッコミながら観れたので楽しかったでするんるん

アメリカの内側が知りたい人にオススメかも…ね手(パー)

posted by AS at 01:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

『ランボー 最後の戦場』

最近の私は映画観まくっておりますわーい(嬉しい顔)

こんな生活でいいのかexclamation&question

それはまぁ置いといて。
今回は映画の券はあるがどうしても観たいと思う作品が無いあせあせ(飛び散る汗)
だけどこのままじゃ〜せっかくの映画の券を無駄にしてしまうって事で、時間的に観れそうなのが『JUNO/ジュノ』と『ランボー 最後の戦場』でありました。
普通の私であれば、ここは『JUNO/ジュノ』だったんだけど、
スタローンの映画って観たこと無いから興味あるし〜目
激しい系の映画はあまり観てないし〜ダッシュ(走り出すさま)
『JUNO/ジュノ』はDVD出てからでも自分から観ようとするだろうし〜TV
なので『ランボー 最後の戦場』を選択いたしました。


『ランボー 最後の戦場』
監督・脚本・出演:シルベスター・スタローン
出演:マシュー・マースデン、グレアム・マクタビッシュ、レイ・ガイエゴス、ティム・カン、ジェイク・ラ・ボッツ、ジュリー・ベンツ

あらすじ…
タイ北部の山の中で孤独な日々を送っているジョン・ランボーのもとに、少数民族を支援するキリスト教支援団体の女性・サラが彼の前に現れる。彼らは軍事独裁政権による迫害が続く隣国ミャンマーの窮状を憂い、医療品を届けようとしていた。その情熱に打たれ、頼みを受けて目的地の村まで送り届けるランボー。しかし本拠地に戻った彼に届いたのは、サラたちが軍に拉致されたとの報せ。救出のために雇われた最新装備に身を固めた傭兵部隊5人に、手製のナイフと、弓矢を手にした一人の戦士が加わる。戦場への帰還を決意したランボーだった…!


どうもエグイバッド(下向き矢印)
冒頭シーンから残虐に殺されていく人々がく〜(落胆した顔)
残念ながらシリーズを一作も観ていなかったため、ランボーが何故隠れるように住んでいたのに、綺麗なお姉ちゃんの一言で戦場へ行ってしまったのか?イマイチ理解できないですバッド(下向き矢印)
ミャンマーが舞台になっているけれど、確かに全世界のどこかで同じような戦争が起こっているし、その中で迫害されている側を支援しようとする団体があったり、またお金のために戦場へ行く傭兵がいることも知っているけれど、ただの戦争映画と言うかスプラッター映画と映ってしまう。
やっぱりスタローンが脚本・監督をしたのであればこの最終話を製作したその意図を知るためにシリーズを通して観ることをお勧めします。

邦画ばかり観ていたので、英語が聴きたいと思って選んだのですが、その裏をかいてランボーは寡黙な人だったのでしたもうやだ〜(悲しい顔)

もしかしたらスタローンは引退するかもしれないと噂があるので、昔からファンだった人は是非観るべきでしょうグッド(上向き矢印)

傭兵の中にジャパニーズがいる?って思ったら、韓国系の人だった〜
『モンゴル』の浅野忠信似でちょいとカッコ良かったぞぃ揺れるハート

posted by AS at 10:26| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(3) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

『24 セカンドシーズン』

劇場へは邦画祭でありましたが、家では洋ドラマ祭と言いますか、『24』祭でありました。

1週間で12本(24話)見ました。
私、頑張りました。
でも頑張らなくても次が見たくなる作品なのでした(笑)。

いや〜参りました(#^.^#)
私の心をグッと掴んで離さないジャック!
(ジャックって言う役名が良いのか?)
役だと分かっているんだけど、ロサンゼルスに行ったらキーファーに守られたい!!
なんて本気で思ってしまいました。

毎回緊迫した物語の展開なんですが、セカンドシーズンのいいところは、たくさんの国民の命がかかっていた、そのぎりぎりのとこでの大統領の判断や取り巻き達の駆け引き、不死身とも思わせたジャックの2話に渡る拷問など、脚本も役者達も素晴らしいです。

この『24』を勧めた友人いわく、キーファーって映画の人だったらしい。
つまり世間では、都落ち?
いや違った、テレビに格下げ?な感じでしょうか。

ネットで調べると『三銃士』に出ていたぞ〜
あたしコレはDVDで見たぞ〜
でも覚えていない(>_<)

キーファーは決して男前ではないけれど、迫力ある演技は最高にカッコイイ〜♪
そして英語も聞き取りやすい〜o(^-^)o
『24』のためかもしんないけど身体も鍛え上げている様子(゜▽゜)

そんな訳で…

キーファーにLOVEな私なのでした(#^.^#)


あ〜ぁ〜
早く次のシーズン見たい(∪o∪)。。。
もしくは別のキーファーのDVDが見たい(☆_☆)
顔文字の目をハートにしたい(´▽`*;)

自制心を保たなければ、半額じゃなくてもDVD借りてしまいそうだ。

でもTSUTAYAより安いショップ見つけちゃたんだよにゃ〜

これって誰かが私をキーファー漬けにしようと企んでるのか?

うーん、自制心…自制心…(;>_<;)
posted by AS at 21:40| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

『ザ・マジックアワー』

なんだかんだ言って、邦画祭やん、私ー(長音記号1)
そう思う今日この頃カチンコ映画を観てきました。


『ザ・マジックアワー』
監督・脚本:三谷幸喜
出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、その他たくさんの三谷ファミリーの俳優さん達。

あらすじは…
守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任されている備後は、ギャングのボス・手塩の情婦・マリに手を出したのがバレて大ピンチ。5日以内に幻の殺し屋・デラ冨樫を探し出して連れて来なければ命はないと脅される。が、デラの居場所に皆目見当もつかない備後は替え玉を仕立てる苦肉の策に出る。そこで白羽の矢が立ったのが売れない俳優・村田大樹。主演映画を撮りたいと村田を騙し守加護へ連れて来るのだった。



前回の『THE 有頂天ホテル』劇場では見逃してしまったので、今回は早々と行って来ました手(チョキ)
三谷さんと佐藤さんは公開前後にすっごく番宣頑張ってましたね〜目
雑誌もいっぱい載っているみたいです。

佐藤浩市の役者が演じる殺し屋って言うのが観てみたかったんですけど、想像通りに面白かったですグッド(上向き矢印)
この映画の面白さは佐藤さんにかかってましたねわーい(嬉しい顔)
だからかな〜『THE 有頂天ホテル』は出演している方がそれぞれネタ持ってたからDVDで観ても中だるみは無くて、ずっと笑いっぱなしだったと記憶していますが、今回のはちょっと中だるみがありました。
(もしかしたら昼ご飯の後に観たからかもしれませんが…)
それでも十分に笑いあり、ホロッとさせるところあり、で、最後の仕掛けも映画の現場とか芝居の現場好きには最高黒ハート

そう、それなのよ。
たぶん、今の時代と言うか、会社とか、家庭とかに足りないものは。
いえ、足りないのじゃなくて私が求めているもの…なのかもしれないけど。
一体感っていうのかな。
何かを作り上げていく過程も大事だけど、出来上がった時の感動ぴかぴか(新しい)と言うか、ね。
何もかも感動って言葉でひっくるめるのも、その言葉が安っぽくなって嫌なんだけどボキャブラリーが少ない私にはいい言葉が見つからないですふらふら
せっかく大笑いできる映画なので、今日はネタバレ無しで書いちゃいました手(パー)

とにかくバックステージ物が好きな人には最高にお勧めでするんるん
posted by AS at 21:29| 大阪 ☔| Comment(6) | TrackBack(4) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

3回も振られた(T_T)

今日は半額セールのクーポンが届いたので、TSUTAYAに行ってきました。

そうしたら、

『キサラギ』
ガーン(>_<) レンタル中なり〜
(アフタースクール繋がり?)

『運命じゃない人』
ガーン、ガーン(>_<) レンタル中なり〜
(こちらもアフタースクール繋がり!)

『ダンドリ』
ガーン、ガーン、ガーン(>_<) 取り扱い無し〜
(オットコマエ繋がり…じゃなかった、横内さん繋がり。
→なんか訳分からんね、すんません。
私、脚本家・横内謙介好きですねん。)


しかし〜なんですのんコレ。

私が邦画のDVD借りたいって思うのなんて、めちゃくちゃレアな事でっせぇ〜
そやのに、この仕打ち(゜o゜)\(-_-)


明日は土曜、久々に見つけた英会話サークルの1回目。
だから洋画を借りなさいって言う天からのお言葉でしょうかねぇ。


で、借りたのは
『24』第2シーズン全巻(12本)

1週間で見れるのか?!

もうヤケクソやん( ̄▽ ̄;)

※ヤケクソ…って文字で書いたらみょ〜に可笑しい(笑)。
posted by AS at 21:25| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

『CHANGE』

ありえない設定がいいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


いきなり感想書いちゃいましたが、私(のブログ)、ドラマから卒業した感じもしますが、今までの私はキムタクのドラマってだけで毛嫌いしていたのですが、深津絵里も阿部寛も出るしっていうことで、A代表サッカーもヒデもそっちのけでドラマ見てましたわーい(嬉しい顔)
キムタクがまんまキムタクって言うのが今までホントに目に鼻について大嫌いだったんです〜バッド(下向き矢印)
(ファン・関係者の皆様ごめんなさいねふらふら
元々キムタク嫌いだからしょうがないってこともあるんですが、今回はそのキムタクらしいキムタクがこんな状況(総理大臣)でどんな態度や方法を出して問題を突破するかって言うのが面白いですね。
ドラマだからありえない設定なんだけど、それはそれで許せるし。

キャスティングがまたいい揺れるハート
(他所から拝借)
【キャスト】
木村拓哉 : 朝倉啓太(35) 小学校教師 内閣総理大臣
深津絵里 : 美山理香(35) 首席総理秘書官
寺尾 聰 : 神林正一(59) 与党総務会長
加藤ローサ : 宮本ひかる(23) 選挙手伝い
阿部 寛 : 韮沢勝利(44) 選挙プランナー

ほかにも、風間杜夫、中村敦夫、神山 繁、石黒 賢、堀内敬子、富士純子、伊東四郎、と凄い面々でございます。

特に、中村敦夫なんて何年ぶりですか〜ドラマで見るの?
この人政界にいましたよね?
だから重みがあるんですよね、役柄に。
キムタクの演技は今までどおりなんでしょうけど、今後は寺尾 聰とその回りのお偉いさん方に注目のドラマですexclamation×2

風間さんはワル役合いそうですが、その上司の寺尾さんがねぇ〜
そうですか、そうですか〜
どこまでワル(策士)になっちゃうか楽しみですわーい(嬉しい顔)

posted by AS at 11:18| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

『アフタースクール』

副題<こんな雨の日はハッピー♪>

今日はもともと雨雨予報。
そして何ヶ月も前から約束されていた遊びの日イベント

雨でも全然嫌じゃなかった〜
それって言うのも癒し系の知人(友人と言うには才能が有り過ぎる方なので目)と会っていたので顔見ただけで嬉しくなっちゃうハートたち(複数ハート)

知人が私を誘ってくれたのは、このブログでも2〜3回タイトルを書いている『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のミュージカルるんるんです。
チケットはこちら↓

Image1001.jpg

ところが、残念ながら前日に公演が突然中止にがく〜(落胆した顔)
今時の公演は、ファンクラブに入っていればメールで連絡が来るらしい。
さすがネット時代グッド(上向き矢印)

な〜〜んて感心している場合ではないです。
知人はこの演目の為だけに東京まで行ったお方でございます。
どんなにガッカリしたことでしょう。
知人のせいではないのに、丁寧に誤ってくださるし、チケットも見せてくださる。
公演中止と聞いて、ブログに公演のこと書くの止めようと思ったんだけど、せっかく知人が頑張ってチケット取ってくれたのだし、こうして目の前にあるのだし、記念にと思って写真をアップしてみました。

で、私達ってどんだけ芝居系が好きやねんあせあせ(飛び散る汗)

って思われるかもしれませんが、今日のこの日は数日前から相談して、わざわざ都会ビルに出るのだしミュージカル公演イベントだけ行くのはもったいないってことで、映画カチンコとミュージカル公演イベントのハシゴをしようってことになりました。

なので、お願いしてミュージカル公演は中止でも、映画だけご一緒してもらっちゃいました手(チョキ)
お付き合いくださってありがとうございましたかわいい

お昼過ぎから始まる映画の整理券をGETして、のんびり軽食を頂きました。
それがこちらの「スモークサーモンサンドウィッチファーストフード」↓

Image1011.jpg


さてさて、映画は…

『アフタースクール』
監督・脚本 : 内田けんじ
出演 : 大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、田畑智子、常盤貴子、北見敏之、山本圭、伊武雅刀

あらすじは…(他から拝借)
母校の中学校で教師をしている神野と、サラリーマンの木村は中学時代からの親友同士。産気づいた木村の妻を、仕事で忙しい木村の代わりに神野が病院まで送りとどけた。その日、夏休み中だが部活のため出勤した神野のもとに、同級生だという探偵が訪ねてくる。島崎と名乗る探偵は木村を捜していた。若い女性と親しげにしている木村の写真を探偵に見せられた神野はショックを受け、なかば強引に木村捜しを手伝うことになってしまう。


3つのビックリ。
1、私事ではありますが、ここ数年、比較的映画を見ているほうではありますが、邦画を劇場で、しかも公開初日に見ているなんて今までの人生で初めてでございますわーい(嬉しい顔)
2、映画館なのに整理券もらう為に並んで、その整理券の番号順に入場して自由に座る…なんて新鮮な空間なんでしょう。
その劇場は「梅田ガーデンシネマ」ぴかぴか(新しい)
3、こんなに面白い邦画があるなんてグッド(上向き矢印)
とにかく今日公開したばっかりなので、書けないのです。
書いたら「ネタバレ有」どころか全部書いてしまいそうなのですふらふら

こんな感想無いですよね〜
私は堺雅人さんの映画を劇場で観たかっただけなんですけどねわーい(嬉しい顔)
脚本がしっかりしているって書いたら、いかにもそういう知識がありそうですが、私はそっち方面は素人なのです。
だけど、役者が巧くて、だんだん面白くなっていって、「あ〜こんな結末だったのかひらめき」と観た後に満足出来たのです。
これはもう一回観てもいいかもしんない決定
おさらいしたいですね〜わーい(嬉しい顔)

いろんな邦画を観て予告編に騙されたって思っている人にお薦めです、きっとチケット代(1800円)分は満足出来るでしょう。
もしかしたらそれ以上かも猫
posted by AS at 22:27| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(4) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

『B型の彼氏』

最近は夜中にダーーーッとDVDを観る生活でごじゃいますダッシュ(走り出すさま)

早く観ないと延滞料金取られちゃうから〜
そうなると何のために半額期間に借りてるのか分からないもうやだ〜(悲しい顔)

今回は巷で話題(?)のB型の話。
なんですかね〜
知人は
「前のパートナーがB型だったんで、今度結婚する時はB型以外がいいんですexclamation×2
と力強くおっしゃった。
友人も
「今の彼氏B型やねん。
 B型って恐いやん、何考えてるか分からんとこあるしあせあせ(飛び散る汗)
と不安そうにおっしゃった。

そんな訳で、私のまわりには父しかB型がおりませんので、父だけが自分勝手かと思い込んでいたのですが、どうやらそうじゃないかもしれないので、好奇心で借りてきました。


『B型の彼氏』

監督 : チェ・ソグォン
出演 : イ・ドンゴン、ハン・ジヘ、シン・イ

あらすじ…(ちょっと他から拝借)
女子大生のハミは今でも運命の出会いを信じている女の子。ある時、間違いメールの相手ヨンビンと偶然の出会いを果たしたことから、「彼こそ、わたしの運命の相手!」とロマンチックな妄想にはまりこむ。でも、実はヨンビンはB型の男の子だった!そう、巷で恋人にしたくない男性1位に輝く、わがままで自意識過剰で自己中心的なタイプである。一方、ハミは小心者で何事にも慎重なA型。自分とは全く違う性格のヨンビンに、彼女は惹かれていくのだが……。


実に韓国映画を借りてみるのは初めてでございます。
ドラマは『冬のソナタ』や『チャングム』を見ましたが、映画は観る気にならなかったんですよね〜
『チャングム』で燃え尽きたので、
それ以上の物があるとは思えなくてわーい(嬉しい顔)

B型ね〜うん、うん、分かるよ〜
うちの父もこんな感じやもんふらふら
ほんと、この映画よく出来てるわ〜、
まわりを振り回すんですよね〜
でも思うがままの生き方に憧れるよね〜
劇中の(ゲームだかHPだか分からなかったけど)B型男が作ったネットの物語が可愛かった〜るんるん
自分達の恋愛話を画面に出しているんだけど、バスに乗れないB型の彼氏が可愛くて黒ハート
それが二人の最後に効いてくるんですよね〜グッド(上向き矢印)
あ〜〜〜〜〜
私もB型の彼氏になりたいexclamation×2
あんな自由奔放な生き方をして一途なA型の彼女が欲しいわーい(嬉しい顔)
なんて思うのは私だけでしょうか???
見方間違ってたかなぁ。

主人公の従姉妹が、普通の子なんだけどB型にものすっごく根をもっていて魅力的に演じてましたるんるん

もちろんこのDVDはB型を知りたい人のための話ですが、A型の女の子を知りたい人にもお勧めですぴかぴか(新しい)
posted by AS at 10:48| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』

久々の邦画でございますぅ手(パー)

どうしても見たかったんだよね〜
L役以外の松ケン(松山ケンイチ)をexclamation×2
その割には劇場には行ってませんが。
それは経済的にとか時間的にとかいろいろ理由があるわけで、DVDで見るのも、見たい映画がいっぱいあるからどうしても邦画は後回しになってしまうんです。
今回は半額の期間を最大限有効に使いました手(チョキ)
だってさ〜
『24』の第一シーズン全巻(12本)
→今回のハマリわーい(嬉しい顔)
『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』
→前からの希望るんるん
『ヘドウィグ・アンド・アングリーリンチ』
→予習のためイベント
『B型の彼氏』
→まわりでB型を嫌う人が複数いたので好奇心で(笑)。目

これをですね、2日おきに借りに行った訳でございます。
(レンタル屋さんにはと〜〜〜〜っても良いお客さんでございます)



『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』
監督 : 前田哲
出演 : 松山ケンイチ、高畑充希、西山茉希、永作博美、山崎努、池内博之

沖縄の海水族館に赴任した新米の獣医・植村一也(松山ケンイチ)。獣医として勤務なのに毎日やる仕事は飼育員の作業。それはイルカと接してイルカのことを知ってこそ獣医の仕事が出来るという館長の方針からでした。そんなある日、イルカのフジの尾びれが壊死し始める。植村の提案で尾びれを切除し一命はとりとめたものの、フジは泳ぐことをやめてしまった。それを見て植村は…。

感動的なお話。
どうやらこの話は実話が元になっているようです。
なるほどひらめきだから本当にある会社名とか出てくるし実話のイルカ自身がジャンプしていたからリアリティも感じたんですね。
松ケン、普通の役も良かったです黒ハート
こんなところで永作さんと共演してるって知らなくて…この作品でも恋愛に発展するのか?と思ったんですけど、それは違ったみたいダッシュ(走り出すさま)
松ケンとブリジストン社の人が一緒になってイルカの尾ひれを開発している過程や、それを付けてイルカのフジがジャンプするところが感動的ぴかぴか(新しい)
飼育員役の池内博之と松ケンの意見がぶつかったりするところ、どっちの気持ちにも感情移入できて、生き物と接する仕事の難しさを痛感しました。

純粋に綺麗な物(風景&人の気持ち)を観たい人にお薦めですリゾート

posted by AS at 14:53| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

『NEXT−ネクスト−』

こんにちは〜ASです手(パー)

だいぶ前に映画を見たんですが、早く書かないと次々忘れていってしまいそうです。
まだ感想をアップしてないDVDもあるし〜
もっかい見たいDVDもあるし〜
現実のやるべきことも山積みだし〜

今回見に行った映画は、どうも中途半端だったたらーっ(汗)という印象です。
お天気で言うと、晴れてる晴れようで曇ってて曇り小雨も降って小雨みたいな感じでしょうか。

『NEXT−ネクスト−』
監督 : リー・タマホリ
出演 : ニコラス・ケイジ 、 ジュリアン・ムーア 、 ジェシカ・ビール 、 トーマス・クレッチマン 、 トリー・キトルズ 、 ピーター・フォーク

ニコラス・ケイジが2分先の未来が見えるという予知能力者で、FBIがその能力に気付き協力させようとする。そして、予知能力はなぜか運命の彼女の未来は2分先以上も見える。

そんな話であります。

なんだろうねぇ〜
いいとこもあんだけどねぇ〜
ニコラス、なんでもかんでも映画に出りゃ〜いいってもんじゃないですよダッシュ(走り出すさま)
あ、失礼もうやだ〜(悲しい顔)

まだ公開中なんでネタバレあったらごめんなさいね。
どこがどうって訳じゃないんだけど、詰めが甘いっていうんでしょうか、予告編がグイグイと観たい感黒ハートを引っ張ってくれる物だっただけに、「えっ?これだけ?!失恋」って思っちゃったんですね。
途中のアクション系は良いexclamation
その前後の頭脳戦とも言える逃走方法を考えてるとこらもグーexclamation
もうちょいどっちかに重きをおいて作って欲しかったな。
どっちつかずなんですね。
緊迫感もイマイチ足りなかったしなぁふらふら
私はアクション系も頭脳戦系も好きなので、どっちの線で固めてくれても結構ハマったんじゃないかな。

赤毛の捜査官が上手いなぁ〜
と思いきや、ジュリアン・ムーアだったのか〜納得わーい(嬉しい顔)

みどころは、
逃走前後と忍者ニコラス(分身の術?)でしょうexclamation×2
(たぶんね)
サービスデーで、お暇な方にお薦めですひらめき

posted by AS at 13:58| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(3) | ドラマ&映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。